ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アジア人として一度は食べたい本場の味!本当に美味しい東アジアの名物グルメ5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

おいしいものは世界にたくさんありますが、日本人にとっておいしいものはやっぱりご近所さんである「東アジア」に多いでしょう。

日本には中華料理屋や韓国料理屋のような東アジア料理の専門店は多いですが、今回はあえて本場に入って食べたい各国の代表的な料理をまとめました。

あわせて、日本で食べておきたいあの料理についてもまとめました。ぜひ、一読あれ!!

 

北京ダック/中国

photo by cobacco

中国は星の数ほどの美食を生み出した超美食大国です。そんな中から、「これ!」という代表料理をピックアップするのは非常に困難ですが、今回は「北京ダック」を選出します。

現在では日本を始めとした世界各国の中華料理店で食べられている人気の北京ダックですが、もともとは宮廷料理であり一般に広く食べられるものではありませんでした。

 

ルーツが宮廷料理ということもあり、北京ダックには「コストがどれだけかかっても、とにかく可能な限りおいしさを追求する工夫」がふんだんに盛り込まれています。

食材の下準備だけで数日かけ、食べる部分は最もおいしい皮のみ!というだけでも、どれほどおいしさを追求した料理なのかご想像いただけると思います。

 

パリパリのアヒルの皮と濃厚な味噌ベースのソース、上品な歯ざわりが特徴的な小麦粉の皮が織り成すコンビネーションはまさに「美食」!!せっかくなら本場中国で宮廷気分で味わいたい一品です。

 

サムゲタン/韓国

photo by Matt Waibo

サムゲタンは韓国料理を代表する「健康食」です。鶏肉とともに高麗人参や、ナツメ、にんにくなどの漢方食材を煮込んで作られるスープはおいしくて栄養満点!

「良薬口に苦し」という言葉がありますが、どうやらサムゲタンは例外のようです。

 

本場韓国では特に真夏に好んで食べられる料理で、三伏(サムボク)の日にサムゲタンを食べるという文化が定着しています。

三伏の日とは、夏至の後の第三、第四、そして立秋後の第一庚(※かのえ 昔の中国の暦のひとつ)の日のことです。この日には、サムゲタン専門店には長い行列ができます。

どうせだったら、本場韓国の文化を体感するためにも、この三伏の日を狙って旅行するとよいでしょう。

 

魯肉販/台湾

photo by shutterstovk

魯肉飯(ルーロー飯)は台湾料理を代表する「超B級グルメ」です。簡単に言ってしまえば、白いご飯の上にトロットロに煮込まれた甘じょっぱい豚肉が乗っているだけの料理です。いうなれば、台湾風豚丼といった感じです。

甘じょっぱいお肉とご飯の相性は…当然最高です。お肉とご飯を合わせてかきこんでしまえば、ああもう幸せ。

 

この料理最大の特徴は、お店によって味が大きく異なることです。

基本の味付けはしょうゆと砂糖で煮込むという点で共通ですが、お店によっては八角や漢方食材とともにお肉を煮込むこともあります。

一杯の量はそう多いものでもないので、たくさん食べる自信があるかたは、ぜひ何件かのお店を渡り歩いて、お気に入りのお店を見つけましょう。

 

フオグオ/モンゴル

photo by bryan…

モンゴル料理の高級食材といえば、なんといっても「羊肉」!

モンゴルには多くの羊肉を使った料理があります。なかでも、とても人気が高い料理が「フオグオ」です。漢字では「火鍋」と書き、しゃぶしゃぶに似た料理です。

 

しかし、日本のしゃぶしゃぶとはスープが大きく異なっており、数種類あるスープの中から味を選ぶことができます。

中には、鍋の真ん中にしきりがあって、一度に二種類の味を楽しめるフオグオをだすお店もあります。

また、フオグオのシメには「うどん」を入れることが一般的ですが、モンゴルのうどんは日本のものと比べてとても歯ごたえが強いです。

鍋そのものはもちろん、このうどんを食べるために本場モンゴルに向かうのもアリでしょう。

 

寿司/日本

photo by shutterstock

海外でも非常に人気の高い日本料理「寿司」。しかし、海外の「SUSHI」と日本の「寿司」は、まったく別の料理といって差し支えないほど別系統の進化をしています。

たとえば、海外のSUSHIにはフルーツやトリュフなどの日本ではほとんど見かけないような、食材がネタとして使われることも珍しくありませんし、しょうゆの代わりに濃厚なソースで味付けされていることもあります。

 

海外のSUSHIは実際なかなか工夫がこらされているのですが、日本人の目線から考えるとやっぱりちょっと「寿司」と呼ぶには抵抗のあるものです。

やはり寿司といえば本場の日本のものが最高!中でも、伝統的な「仕事」が施された江戸前寿司は日本の食文化が誇る芸術品です。高級品ではありますが、一度は食べておきたいです。

 

まとめ

日本料理は中国をはじめとした、東アジアの料理の影響を強く受けて発展してきました。

そのため、日本料理と東アジアの料理は味付けや調理方法がよく似ており、日本人にとってはとてもなじみがあって食べやすい料理が多いです。

そのため、「なにかおいしいものが食べたい!」という気持ちで旅立つなら、東アジアが特におすすめです!早速おいしいものを探しに旅立ちましょう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP