体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

QOOLAND、新たな決意を誓ったワンマンツアーが大盛況のうちに幕

QOOLANDが『大切なお知らせ』とタイトルに掲げ、東名阪で行ったワンマンツアーのファイナルが12月4日に渋谷WWWにて行われた。

12月4日@渋谷WWW (okmusic UP's)

「今年は本当にやり切れないことがたくさんあった。何も成し遂げられなかった1年だった。だけど、その中で生まれた曲は、明るくて、楽しくて、温かいものだった。一緒に歌ってくれますか!」と、QOOLANDのボーカル&ギター・平井拓郎は、会場中の大合唱を生んだアンコールラストナンバー「Shining Sherry」の最後のサビに入る際、会場中の愛しの”君”に、こう叫んだ。そして、そこから起こった会場中の同曲の大合唱の場面からは、この1年、彼らが悩み、迷い、苦しんだ末に見つけ、確信し、それを手に入れる為に再び力強く走り出し始めた瞬間が見えた気がした。

この日のライヴは、12月9日発売のニューアルバム『COME TOGETHER』のリリースを直前に控え、それをいち早く共有するかのように、同作品からの曲が数多く放たれたのと同時に、これまでの代表曲や人気曲もふんだんに披露。彼らの2015年の締めくくりと共に、更に輝くべく2016年に向けての高潔が各曲と共に会場いっぱいに放たれていた。

まずは、オープニングアクトとして「WHOLAND(フーランド)」が登場。とは言え、こちらはQOOLANDの変名バンド。メンバーがパートチェンジをし、キーボードに平井拓郎、ボーカル&ドラムに菅ひであき(B&Cho.)ギターにタカギ皓平(Dr)、ベースを川崎純(G)が務め、ちょっと稚拙な「Shining Sherry」が披露された。

実際のQOOLANDがステージに現われたのは19時25分頃。1曲目はニューアルバムからの表題曲であり、M-1を飾っていた「Come Together」。会場中に、”一緒に行こうぜ!!”と手を差し伸べているかのような同曲が、いきなり場内を一つにしていく。♪一緒に探して生きていこうぜ♪のリリックに会場中がグイッとステージに惹きつけられる。続いて、得意にして特異な、彼らならではの平井、川崎によるツインタッピングも光る「熊とフナムシ」に入る。同曲ではファンにはお馴染みの振り付けも登場。一体感に加え、親近感も付加されていく。続く「区民」では、3拍子も加わり、彼らのポップスセオリーに囚われない変則性やフレキシブルさを味わうことができた。

ここまでで一気に3曲。通例なら一旦MCに入り、次のブロックへと呼吸を整えるところだ。しかし、この日の彼らは、軽い挨拶程度で次曲「ある事無い事」に入った。”一区切りなんてついてられない。今日の俺たちには、曲を通して伝えたいことが沢山あるんだ!!” そんな風にも映った場面だ。その「ある事無い事」では、楽曲が擁する疾走感とドライヴ感が会場をグイグイと高みへと引き上げていく。「セレクト(うーっはーっ!!)」でのサビでの解放感を始め、序盤は走り抜けていく選曲が目立った。と、それとは対照的に、前半終盤では、ポストロック的要素も盛り込んだ「I hate」、ジワジワとしたダイナミズムが会場を包んでいった「Week」、ミディアムナンバー「映画と週末」や、4つ打ちのダンサブルさが会場に横揺れを作り出した「ブルーアルバム」等、彼らの音楽的幅や探究心、そしてそれを独自のセンスや音楽性を交え、オリジナリティへと昇華させた、彼ららしい音楽性が多岐に渡り楽しめた。

中盤では、聴かせる歌が印象的だった。ミディアムナンバーの「映画と週末」や、JACKMAN RECORDSからリリースされたアルバム『教室、千切る.ep』に言及。その中から「一番好きなナンバーです」(平井)の言葉のあと歌われた「風邪を引かないうちに」は、そのミディアムな曲調と相まって、これまでよりもオーディエンスに寄り沿い、まるで傍らで歌われているかのような安堵感や信頼感に会場が寄り添った。「志士雄」に入る前のMCでは、菅と平井のやりとりが面白かった。「るろうに剣心」の登場人物・緋村剣心を模した、「ござるよ」を連発しながら、菅が、「QOOLANDも機材車で全国を回り、その様は剣心と変わらない流浪人だ」と、独自の定義を会場に投げかける。そしてそのまま、「るろうに剣心」をモチーフにした「志士雄」に突入。楽曲のエモーショナルさと菅のグロウルなシャウト、そして楽曲の持っている、《それでも俺は俺。自分の道を突き進んでいくだけ!!》との浪人魂にも通ずる男気が会場を来襲する。次曲で放たれた、こちらも秘めたエモさと00世代ギターロック的なアプローチも特徴的な「ラストセンサー」では、途中、ギターを川崎に任せ、平井がマイクを両手で握りしめ、感情たっぷりに歌う姿も印象深かった。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。