体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

気分アガる。さりげなくクリスマスなアクセ使い

生活・趣味

クリスマスムード高まるこの季節は、普段のファッションにもさりげなくクリスマスを意識したかったりするもの。かといって、いかにもクリスマスを意識してます、というのは避けたいところ……。
さりげなくクリスマスを演出するのに有効なのは、やはりアクセ使いです。

手元は赤のネイルとジュエリーで

A photo posted by e.m.grp.official (@e.m.portrait) on Nov 27, 2015 at 10:05pm PST

赤ネイルはクリスマスシーズンの定番とも言えますが、やっぱりマークしておきたい。グリッターな赤やストーンをのせたりとキラキラ系のネイルも人気ですが、ここはシンプルに赤一色でキメるのが大人系
ジュエリーはいつもよりも気持ち多めにつけてみると、気分がアガります。シルバーとゴールドをミックスさせると、きらめき度はさらにアップ。
たくさんつける分、華奢なものや石などの装飾がついていないシンプルなものを選ぶなどしてバランスをとって。

メッセージリングも気分がアガる

A photo posted by SADA MAYUMI (@sadamayumi) on Jul 3, 2015 at 3:37am PDT

メッセージが刻まれているリングをつけるのも、気分が高まる手元スタイリングのひとつ。さすがに「Xmas」なんてメッセージはナシですが(笑)……、「Love」などのシンプルなメッセージでテンションをあげてみて。
いつもよりもボリューム感のある重ねづけや、1点ポイント主義で個性的なリングをチョイスするのも、パーティシーズンならではの気分の高まりを盛り上げてくれそうです。

揺れるアクセはさりげなくが鉄則

A photo posted by Envero Jewelry (@envero_jewelry) on Aug 16, 2015 at 6:54am PDT

揺れるアクセ=キラキラ感というのは、もはや常識。これをパーティシーズンに取り入れない手はありません。素敵な揺れを演出しやすいアクセは、やはりピアス
ゴージャスなデザインのものよりも、一粒ダイヤなどの控えめでシンプルなものが年齢的におすすめ。ギラギラと光って目立つデザインよりは、ふとしたときにキラリと光るくらいの控えめさが、ちょうどいい感じです。
パーティじゃない日の普段のコーディネートに合わせるアクセ使いも、少し変えてみるだけで、気分がちょこっとアガりそう。
top image via Shutterstock

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会