ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国人留学生が日本で「フリーハグ」をしてみたら

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。
「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」

韓国人が抱いている
日本人への先入観を変えたい

この日のスヨンさんの結果を伝える前に、一人の日本人を紹介します。今回、この動画を提供してくれた桑原 功一さんは、フリーハグで日本と東南アジアをつなぐため、フリーハグキャンペーンを実践する第一人者。スヨンさんは、2014年韓国の街頭に立つ桑原さんの動画を目にし、衝撃が走り自然と涙が出たそうです。

冷え込む日韓関係を改善し、有効の架け橋になるべく、来日後すぐにこのプロジェクトを始めました。

近くて遠い国になってしまった。そう感じているのは、韓国人?それとも日本人なのでしょうか?

アンニョンハセヨ!(こんにちは)
カムサハムニダ!(ありがとう!)

男性も女性も、大人も子どもも多くの日本人が、スヨンさんを笑顔に変えるハグを交わしていきました。
でも、スヨンさんのチャレンジは、まだ始まったばかり。

動画を目にした
韓国人の反応は?

スヨンさんは、自身のFacebookページに動画を投稿。およそ2週間後には100万回以上再生され、スヨンさんの知らぬ間にどんどん拡散されていった、と本人はREADYFORに追記を残しています。

動画を観た韓国の人々のコメントは3,000を超えたそうです。その一つひとつに目を通したスヨンさん。9割近くはポジティブなリアクションだったと書いています。以下抜粋してご紹介。

「この動画を悪く言う人もいるかもしれません。でも、私は彼女の勇気を褒めたい。ハグしてくれた日本人にも“ありがとう”と言いたい。両国の関係は良くないけれど、こういう小さな行動が積み重なっていけば、変わっていくんじゃないかな」

「理由があるから日韓関係が悪くなったのに、フリーハグで近づこうとするのは間違っている。まるで、被害者が先に加害者に謝っているのと同じ」

「日本という国は嫌いではない。ただ、歴史の歪曲を警戒しているだけだ。感動的な動画でその点を見落としてはいけない。今の日韓関係は正しい歴史認識をもとに改善されるべきだ」

賞賛と非難が入り交じるなか、このコメントに、最も多くの“いいね”が集まりました。

「日本の過去は悪いけど、日本の国民は悪くない」

彼女は現在、日韓友好の架け橋となるべくクラウドファウンディング「READYFOR」にて、日本各地をフリーハグで回るチャレンジに挑戦中。すでに目標額に迫る勢い。彼女の背中を押しているのは、動画を観た多くの日本人の出資者たちです。

 Reference:READYFOR
Licensed material used with permission by 桑原 功一

関連記事リンク(外部サイト)

オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
泥水が飲料水に変わる「魔法のストロー」が、世界を救う!
食べログのように、人間を評価するアプリ「People」が恐ろしい・・・

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP