ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

香港で、サードウェーブコーヒーの波に乗っちゃおう! 中国伝統のお茶文化は、今やカフェ文化なんです!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「香港に行ってまで、どうしてわざわざコーヒーを飲み比べるの?!」いえいえ、香港のコーヒーの流行は、数年前から、まさにサードウェーブの真っ只中にあるのです。「一杯のコーヒーを飲むためにちょっと香港まで……」なんて、言ってみたいですよね! あなたの好みにぴったりの味を見つけに行きましょう。

「サードウェーブコーヒー」の定義とは?

1970年までのアメリカでコーヒーが広く一般家庭でも飲まれるようになったファーストウェーヴ、スターバックスに代表されるシアトル系深煎りコーヒーが世界的に人気となった1990年代までのセカンドウェーヴに続く、第3の波、それがサードウェーヴです。

出典:サードウェーヴはここまでも。もう今はコンビニでシングルオリジンが飲める時代 : ギズモード・ジャパン

出典:https://bluebottlecoffee.jp/cafes/kiyosumi

日本でのブームの火付け役は、アメリカの「ブルーボトルコーヒー」でした

ブルーボトルコーヒーが日本出店1号店に清澄白河を選んだことは、「何時間も並ぶ」という行列の長さとともに大きな話題となりました。

コーヒー豆の生産地を厳選し、豆の新鮮さを身上としています。淹れ方も、ハンドドリップやサイフォン、店によっては水出しなどが選べます。そのため、価格は高め、供されるまでの時間も長めとなります。スピードと手軽さ重視だったこれまでのコーヒーとは、根本的にコンセプトが異なるのです。

出典:香港のサードウェーブコーヒー事情を一挙公開!〜おすすめ名店レポート編(その1)|香港(香港)のたびナレ記事|海外旅行情報 エイビーロード

古い豆の嫌な油の匂いや雑味、沸かし返したコーヒーの焦げ付いたような臭み……そんな悲惨なコーヒーとは対極にある、フレッシュなコーヒーなのです。

では、香港のサードウェーブコーヒーを見に行きましょう!おすすめ3店舗をご紹介します。写真どっさりですが、引用のもの以外は、すべて筆者撮影の写真です。

1. 味の個性は随一、上環(ションワン)きっての名店「Brew Bros Coffee」

ぜひ、こちらのシングルオリジンコーヒーをどうぞ!

体験したことのない強い酸味にビックリします!しかしそれが少しも嫌な酸っぱさではなく、あくまでもフレッシュ。苦いコーヒーにしか興味のなかった私も、完全に虜になりました。この酸味の理由と狙いは、なんでしょう?

上環の禧利街(Hillier St.)にある小さなお店です

上環はサードウェーブコーヒーの激戦区。こちらは、あえてその激戦区に2014年5月にオープンした、まだ新しいお店です。朝8時に開店すると、ぞろぞろと常連客がやってきては、店内で朝食をとったり、コーヒーを持ち帰ったりしていきます。

日本人バリスタの小野さんにお話を伺いました

小野さんは、オーストラリアで2年間コーヒーの勉強をしたあと、香港で開業しました。オーストラリアのカフェ文化を香港で展開するという夢を叶えるためです。オーストラリアのコーヒーは、酸味が強いものが多いそうです。

「コーヒーはフルーツ(果実)である」ことを思い出させる酸っぱさ

高めの温度(92℃くらい)で抽出することにより、酸味が引き出されるそうです。苦いコーヒーはロースト香からチョコレートのような深みが感じられますが、酸っぱいコーヒーはよりフルーツっぽさが味わえます。これが、このお店のコンセプトです。

豆はなんと週に一度という頻度で空輸!

スッキリしたフルーティーな酸味には、豆の鮮度が何よりも重要です。そのため、他のサードウェーブコーヒー店よりもずっと早く、オーストラリアから豆を取り寄せているのです(ふつうのお店は2週間に一度ほど)。「週に一度の取り寄せは大変だけど、やっぱりおいしいコーヒーの味を知ってほしいので……」小野さんの信念は固いのです。

コーヒーだけでなく、フードも最高!!

夏に行ったときに出ていたメニュー「スーパーケールサラダ」です。ケールにローストしたかぼちゃ、キヌア、鶏の胸肉、ナッツ、イチゴを加え、ハニーマスタードバルサミコドレッシングで和えます。さわやか! 朝食にぴったりです。

朝食の定番、エッグベネディクトもパーフェクトな味!

香港のサードウェーブコーヒー店はフードも充実していますが、こちらは別格だと思いました。

Anita@anitam852

フォローする

Brew bros #hongkong – heavenly coffee https://t.co/G6GrYSNWU5

返信 リツイート お気に入り登録

2015.11.14 14:40

Mary O’Brien@MaryMOBrien1

フォローする

One of best coffees in Hong Kong at Brew Bros – Market Lane Coffee from Melbourne! #hongkong #brewbros http://t.co/EhXeUVVm48

返信 リツイート お気に入り登録

2015.9.15 16:03

こんなにキリリとしたコーヒーは生まれて初めてで、とにかく驚きました。日本では、まず体験できない味わいではないでしょうか?豆の種類はたっぷりありますから、日本人バリスタの小野さんにいろいろ質問して、ぜひぜひシングルオリジンコーヒーを選んでみてください!twitterをのぞいてみると、日本人のツイートはほとんどありません。これから、日本人旅行者もどんどん行ってみませんか?

Brew Bros Coffee

https://www.facebook.com/brewbroscoffee/?ref=profile

Brew Bros Coffee、香港 – いいね!2512件 · 46人が話題にしています · 1794人がチェックインしました – Brew Bros Coffee is a coffee shop focusing on specialty coffee in Melbourne style….

Brew Bros Coffee のFacebookページです。新しい豆が入荷すると案内が出ますよ。

2. オシャレ度&使い勝手ナンバーワン、店舗展開も著しい「THE COFFEE ACADEMICS」

銅鑼湾(コーズウェイベイ)店にはいつもお客さんがいっぱい!

フラッグシップショップはコーズウェイベイですが、ワンチャイやハーバーシティなどにも店舗展開しており、そのどれもが非日常的で洒落ています。

出典:http://www.amazon.co.jp/NEXTRAVELER-%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%BC-vol-03-%E9%A6%99%E6%B8%AF-%E7%B4%A0%E6%95%B5%E3%81%AA%E6%98%9F%E3%81%AE%E6%97%85%E8%A1%8C%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89/dp/4860086325

ハイパーメディアクリエイター、高城剛氏の香港ガイド本にも掲載されています

実は、この本での紹介を読んで興味が湧いたのです。高城氏の紹介写真も素敵でしたが、本物の空間ははるかにカッコいいのです!

初めて行くなら、やっぱりコーズウェイベイへ!

店内は広いのですが、“だだっ広い”のではなく、雰囲気の異なる座席が用意されているため、どこの席を選んでも落ち着きます。シャンデリアと大きな木枠のガラス戸が素敵!

グラスに移し替えて飲むのはサードウェーブコーヒーのお作法?!

ドリップでシングルオリジンコーヒーを注文しました。1店目でもそうでしたが、このようにビーカーに入ってきて、それをグラスに移しながら飲むんですよね。こうすることで、口に運んだ時に最適な温度になっているからだそうです。

氷出しコーヒーもあります

こちらでは3種類のコーヒー(シングルオリジンとラテ)を試してみましたが、どれも深みがあって安らぐ味わいでしたよ。極端さよりも、すばらしいバランスを感じました。

もちろんフードも、洒落たカフェメニュー!

これは小エビのフリットとマンゴーとトマトが入ったタコスです。さわやかで酸味と甘みの効いたフードには、思わずビールも追加オーダー。各国のビールが用意されています。

夜遅くまで開いているので一日中立ち寄れます

ジャムとパテを添えた薄切りのトーストはミニサラダとピクルス付き。開店時間が10:00〜23:00(金土は翌2:00まで、日曜は21:00まで)ですから、一日のいろいろなシーンで使えるお店なんです。

画像出典:http://www.the-coffeeacademics.com/Public/skin/img/square-mask.png

The Coffee Academics

http://www.the-coffeeacademics.com/

お店のホームページです。

画像出典:http://img.elle.co.jp/var/ellejp/storage/images/atable/pick/sekainooyatsu_hongkong_15_0605/10507599-1-jpn-JP/The-Coffee-Academics.jpg

【ELLE a table】香港サードウェーブコーヒーの急先鋒「The Coffee Academics」|エル・オンライン

http://www.elle.co.jp/atable/pick/sekainooyatsu_hongkong_15_0605

ELLE でも取り上げられていました。

3. 小さな店内にはお客さんがぎっしり! 「The Cupping Room」

上環のマクドナルドの隣です

マクドナルドを探していけば、旅行者にもわかりやすいですね。この界隈は、本当にサードウェーブコーヒー店が集中していて、歩くのが楽しいんですよ!こちらのお店も、高城剛氏の『ネクストラベラー 香港』で紹介されていました。

若者でいっぱいのコージーな店内

ごらんのとおり、インテリアはごくカジュアルで、気取った感じはゼロ。旅行者にも入りやすいお店です。

豆の新鮮さを感じるには、やはりシングルオリジンコーヒーがおすすめです

周りのお客さんを見回すと、皆さんラテや冷たいものを注文していました。ラテももちろんおいしいのですが、お店の顔はやっぱりフルオーダーできるシングルオリジンコーヒー!供されるまでにやや時間がかかりますが、ゆったり待ちましょう。待った甲斐のある味ですよ。こちらもセントラルやワンチャイに店舗展開中です!

The Cupping Room – Sheung Wan

https://www.facebook.com/CuppingRoomHK

The Cupping Room – Sheung Wan、Sheung Wan, Hong Kong – いいね!6131件 · 70人が話題にしています · 6633人がチェックインしました – SPECIALTY COFFEE

カッピングルームのFacebookページです。

画像出典:http://r.gnavi.co.jp/ippin/photo/report/df/0e/2701/2701_report_title_680.jpg

香港のコーヒーシーンを牽引するサードウェーブコーヒー – ippin(イッピン)

http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-2701/

「ぐるなび目利きシリーズ」での紹介ページです。

この他にもまだまだたくさんある、香港のサードウェーブコーヒー店

「18Grams」は、力強さが特徴

上環ほかに店舗のある「18Grams(エイティーングラムズ)」は、豆をたくさん使ったガツンと濃い味が売りです。

上環には「COCO Espresso」や「Cafe Life」など、名店といわれるサードウェーブコーヒー店が並んでいます。しかも、東京のように「何時間も行列して待つ」なんてことは、まずありません。香港に行ったら、中国茶を飲む機会は何度かあるでしょう。けれどもあえて「サードウェーブコーヒーを追求してみる」というのも、香港食文化の奥深さを知るにはいいきっかけではないでしょうか。どこもおすすめ、本当においしいですよ!!さらに詳しいレポートは、ぜひ下のリンクにある記事をお読みください。ここでは書ききれなかった詳細を載せています。

画像出典:http://www.ab-road.net/CSP/img/GID/REPORT/37/10837/10837_057947_m.jpg

香港のサードウェーブコーヒー事情を一挙公開!〜おすすめ名店レポート編(その1)|香港(香港)のたびナレ記事|海外旅行情報 エイビーロード

http://www.ab-road.net/asia/hong_kong/hong_kong/guide/gourmet/10837.html

「香港のサードウェーブコーヒー事情を一挙公開!〜おすすめ名店レポート編(その1)」|ひところ、だいぶ話題になった「サードウェーブコーヒー」。あなたはもうどこかのお店に行かれましたか? 私は、興味はあったものの、行列して長く待つのが嫌で行きそびれたままです。し…

エイビーロード「たびナレ」に掲載した、私の記事です。4回に渡りレポートしました。

画像出典:http://www.ab-road.net/CSP/img/GID/REPORT/42/10842/10842_057962_m.jpg

香港のサードウェーブコーヒー事情を一挙公開!〜日本人バリスタに徹底取材編(前編)|香港(香港)のたびナレ記事|海外旅行情報 エイビーロード

http://www.ab-road.net/asia/hong_kong/hong_kong/guide/gourmet/10842.html

「香港のサードウェーブコーヒー事情を一挙公開!〜日本人バリスタに徹底取材編(前編)」|香港のサードウェーブコーヒーを訪ね歩く旅は、いよいよあと1店のご紹介を残すのみになりました。「おすすめ名店レポート編」に書いてきたお店は、どこもおいしくて素晴らしいお店ばか…

姉妹編のこちらは、「Brew Bros Coffee」に的を絞って2回に分けてレポートしました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP