ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フレスコ画の天井や緻密な装飾は必見! チェコ共和国、プラハにある、ストラホフ修道院の美しすぎる図書室

DATE:
  • ガジェット通信を≫

記事の画像1 チェコの首都プラハにある、最も有名で最も古い「ストラホフ修道院」。12世紀中頃に創立されたこの修道院には13万冊もの蔵書を誇る「神学の間」、「哲学の間」という2つの図書室があります。それぞれ1679年、1797年にバロック様式で建てられ、そのあまりの美しさに、訪れる人々は皆感動してしまいます。

美しすぎる装飾に目を奪われます!!

出典:http://blog.adampaul.com/2010/04/19/prague-part-18-strahovsky-klaster-strahov-monastery/

プラハのストラホフ修道院ですが、美しい内装の図書館で有名です。本も素晴らしいものが揃っているのでしょうが、天井の装飾や置いてある地球儀などの部屋の様子が素晴らしいです。

出典:http://4travel.jp/overseas/area/europe/czech_republic/praha/kankospot/10265520/

出典:http://blog.adampaul.com/2010/04/19/prague-part-18-strahovsky-klaster-strahov-monastery/

プラハにある、最も有名で、世界最古の修道院の一つ、「ストラホフ修道院」。12世紀中頃に創立されたこの修道院には大きな図書室があり、「神学の間」、「哲学の間」に分かれてます。それぞれ1679年、1797年にバロック様式で建てられ、そのあまりの美しさは言葉を失ってしまうほどです。

誰をも魅了する「ストラホフ修道院」は、男性の修道院

出典:http://www.praagsite.nl/strahov.html

プラハ城正門から徒歩10分ぐらいのペトシーンの丘の高台にあるストラホフ修道院は、12世紀中ごろに創立されたボヘミア最古のプレモンストラート会の修道院。ここを歴史ある修道院という以上に有名にしているのが、その見事な図書コレクション。入口から階段を登って2階へ上がると、ゴージャスなスタッコ細工やフレスコ画の天井に囲まれ、壁いっぱいに蔵書が並ぶ「哲学の間」と「神学の間」の二つの部屋に仕切られた図書室が現れ、その荘厳さにひきこまれます。

出典:http://www.ab-road.net/europe/czech/prague/guide/03158.html

チェコの首都、プラハにある「ストラホフ修道院(strahovsky klaster)」。フラッチャニ区のペトジーン丘のそばにあります。 世界最古の修道院の一つで、テプラー村(Teplá)中心地から2キロ離れた所にある、プレモントレ会(Premonstráti)という男性派が運営する修道院です。プレモントレ会は学問を重んじ知識や勉学を尊ぶ宗派だったため、修道院に13万冊もの蔵書を誇る、二つの大きな図書室を作りました。

画像出典:http://www.strahovskyklaster.cz/data/pictures_items/Novy-obrazek_th.jpg

Královská kanonie premonstrátů na Strahově – Strahovský klášter

http://www.strahovskyklaster.cz/

Královská kanonie premonstrátů na Strahově

ストラホフ修道院の公式ホームページです。

ネルソン提督や、マリア・ルイーザ(ナポレオンの皇后)も訪れたことがあると言います。修道院自体は、現在は民族文学博物館になっています。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10887939

ストラホフ修道院の民俗博物館の入り口

出典:http://4travel.jp/travelogue/10887939

民俗博物館の展示物

ストラホフ修道院があるチェコの首都、プラハの町

出典:http://4travel.jp/travelogue/11013567

プラハの町並み

プラハのどの地区にも、それぞれ固有の雰囲気と独特の魅力があります。プラハはスタイルも含め絶えず移り変わる街という印象を受けます。ロマンティックで性急で、古風であり現代的でもありますが、どこからどこまで国際的な都市であり、外国人を受けいれることに慣れています。

出典:http://www.czechtourism.com/jp/a/prague/

チェコの首都プラハは、世界中から観光客が訪れる人気の観光地。チェコは日本と同じように四季があり、プラハは一年中観光客で溢れています。レストランやショップも多く建ち並び、中世の雰囲気が一番色濃く残る場所でもあるので、常に多くの人でにぎわっています。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10802156

プラハのシンボルである「プラハ城」を中心とするエリア、ストラホフ修道院がある「フラッチャ二区」は小高い丘になっているので、旧市街を一望でき、その眺めは最高です!

出典:http://noishu319.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

天文時計のある旧市庁舎の展望台からの眺めです。旧市街の向こうのフラッチャニの丘に、プラハ城が見えます。

ストラホフ修道院のメイン観光! 非現実的な、あまりに美しい二つの図書室

出典:http://blog.bt-store.com/flights-to-prague-get-lost-in-a-book

こちらが修道院の図書室への入り口です!

受付で入場料を払う時、写真撮影料も一緒に払うことを忘れずに。許可証のシールをくれるので、見えやすい所に貼っておきましょう。#プラハのいくつかの名所は、「入場料」と「写真撮影料」が別になっていました。面白いシステムだよね

出典:http://umbrae.blog.jp/archives/2107456.html

出典:http://4travel.jp/travelogue/11013567

許可証のシールなしでの写真撮影は厳禁なので、シールは絶対忘れずに身につけましょう!受付では日本語のガイドシートを貸してくれます!

1679年創設、神学文学と聖書で埋め尽くされる、美しい「神学の間」

出典:http://4travel.jp/travelogue/11013567

こちらは半円天井に施された、贅沢なスタッコ細工の「神学の間」と呼ばれるところ。ずらりと並ぶ大きな地球儀や神父の彫像達。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10779314

天井のフレスコ画を縁取る、漆喰の装飾も美しい「神学の間」。男性の修道院なのに、かわいらしくオシャレな印象も受けます。ここにある蔵書は、ほとんどが神学文学と聖書なので、「神学の間」という名前がついているのだそうです。

出典:http://blog.adampaul.com/2010/04/19/prague-part-18-strahovsky-klaster-strahov-monastery/

歴史を感じる本の数々。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10873404

フレスコ画は修道士であったシアルド・ノセツキーによって描かれたものです。一番奥には鋳造の門があって「INITIUM SAPIENTIAE TIMOR DOMINI-主を恐れることは知恵の元である。」と書かれてあるそうです。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10562120

出典:http://www.mnn.com/lifestyle/arts-culture/photos/18-of-the-most-beautiful-libraries-in-the-world/3-strahov-library

古い地球儀や天球儀が、いくつも飾られています。

出典:https://geolocation.ws/v/P/1502043/praha-strahovsk-klter-29-07-2006/en

出典:http://filipdemuinck-kristelpardon.blogspot.jp/2012/05/amazing-libraries-in-strahov-monastery.html

この素晴らしさは言葉で言い表せません。念願が叶って本当にうれしかった。

出典:http://4travel.jp/travelogue/11017665

1797年創設、天井のフレスコ画は絶景! 「哲学の間」

出典:http://4travel.jp/travelogue/11013567

高い天井に、絢爛なフレスコ画の天井が美しい「哲学の間」と呼ばれる、ストラホフ修道院の美し過ぎる図書室である。ここには数十万冊の書物が所蔵されている。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10779314

出典:http://travelhorizons.blogspot.jp/2013/11/shrahov-monastery-insider-access.html

「人類の精神史」というフレスコ画が天井に描かれている、「哲学の間」。高々とそびえ立つ、壁一面の本棚に納められている書物が、一体どんなものなのか気になります。とても非現実的な空間ですが、かつて修道士はこの部屋に足を踏み入れ、実際に書を手に取っていたんですね・・・。

出典:http://blog.adampaul.com/2010/04/19/prague-part-18-strahovsky-klaster-strahov-monastery/

うわぁぁ、美しすぎます~!高い天井に、絢爛なフレスコ画の天井!美しすぎる図書室「哲学の間」です☆大興奮(笑)だけど図書室には入れません(>_<)入口から覗くように写真撮ります^^

出典:http://4travel.jp/travelogue/10873404

出典:http://filipdemuinck-kristelpardon.blogspot.jp/2012/05/amazing-libraries-in-strahov-monastery.html

天井画はウィーンのフランツ・アントン・マウルベルチの手によるものだそうです。「人間の精神史」という絵は西洋科学とキリスト教の歴史を表しています。アリストテレスに師事したアレクサンドロス、モクリストなど哲学者まで続くギリシャ文明の発展やピタゴラスやソクラテスなどの科学の発展。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10562120

出典:http://bluesyemre.com/2015/08/05/strahov-library-biblioteca-strahov-prague-czech-republic/

プラハの観光地の中で一番気に入った場所がここです。朝一に訪れれば観光客も少なくゆっくりと観光、写真撮影ができます。

出典:http://4travel.jp/overseas/area/europe/czech_republic/praha/kankospot/10265520/

プラハに行くには、オランダのアムステルダムや、フィンランドのヘルシンキなどの経由便を利用!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10998190

日本からプラハまでの直行便はないので、オランダのアムステルダムや、フィンランドのヘルシンキ、ドイツのフランクフルトなどの経由便を利用して向かいます!

今回の航空券予約は、SKYSCANNERで検索し、JTBで予約・発券をしました。通常、予約と同時に即時支払いが多い中、JTBでは、予約確保したままで、出発の2週間前まで支払期限が猶予されることでした。

出典:http://4travel.jp/airline/finnair/

skyscanner

http://www.skyscanner.jp/flights-to/prg/airlines-that-fly-to-prague-airport.html

スカイスキャナーを利用すれば、世界中の航空会社、旅行代理店の航空券を比較して、格安航空券をすばやく見つけ簡単に飛行機の予約ができます。 スカイスキャナーで格安航空券を見つけたら、航空会社や旅行代理店のサイトに移動して直接飛行機のチケットをご予約頂けます。最安値のホテル、レンタカーも検索できます。

プラハ行きの便がある航空会社をこちらのサイトで検索できます!

出典:http://bluesyemre.com/2015/08/05/strahov-library-biblioteca-strahov-prague-czech-republic/

ロマンティックで美しい装飾で溢れる図書室を持つ、ストラホフ修道院。営業時間は、9:00~12:00、13:00~17:00で、年中無休!プラハを訪れたら、ぜひ行ってみてください!

筆者による他の関連記事へのリンク

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144919840617475801/e1d8c646688b2e0d431875fb21194a6a.jpg?size=pict160_160

サンタさんに会いたい! フィンランド、ロヴァニエミにある「サンタクロース村」へ行こう!

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144919840617475801

フィンランド、ラップランドの州都のロヴァニエミにある「サンタクロース村」。ここには本物のサンタクロースがいて、私達に会えるのを待っています。記念撮影をしたり、村にある郵便局では、クリスマスシーズンに手紙が届くサービスもあり、世界中の人々から大人気! 今回はそんなクリスマス村についてご紹介します!

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144941077361359801/78b24b6f2b362781e25ae2e90b2ba70a.jpg?size=pict160_160

スウェーデン最大の島の中心都市! 「バラの都」と呼ばれる美しい町、ヴィスビー

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144941077361359801

バルト海に浮かぶスウェーデン最大の島「ゴットランド島」。その中心都市である「ヴィスビー」は、中世にはハンザ同盟の重要な貿易の中心として発展していた町で、当時の町並みなどが現在に至るまで保存されており、1995年には世界文化遺産に登録されました。「バラの都」と呼ばれる美しいヴィスビーをご紹介します!

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144862265198235901/fb408963a14b19e2f06f83544b4cd40a.jpg?size=pict160_160

町のすべてが青色に染まる! モロッコ王国の美しい青の迷宮、「シャウエン」へ

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144862265198235901

モロッコ、リフ山脈の奥深くにある町、シャウエン。この町は家や壁、階段、窓さえも青色に染まっているのです。窓辺に置かれたカラフルな植木鉢や、土産店の手工芸品のあたたかな色合いは青色とマッチし、可愛らしい雰囲気を生み出しています。訪れればまるで異空間に迷い込んだような気分になるシャウエンをご紹介します!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。