ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これ欲しい!アボカドみたいな変形ソファでリラックスの達人に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これはアボカド?それとも何かの木の実?

イマジネーションを刺激する、このラウンジチェアの名前は「Lullock」

ニュージーランドにある大学、Victoria University of Wellingtonに通う、Nicole Hone、Darnar Kruy、James Edwards、Nisha Brunt、Reuben Knaufという5人の学生によって制作された。

アーチ型の本体の内側には、小菊のようなクッションが敷き詰めてある。

この緑のクッションのひとつひとつは、フェルトの布地を丸めたもので、上に横たわるとフカフカして気持ちよさそう。

「Lullock」は座っている人が体勢を変えると、体に沿うように開いたり傾いたりするらしい。

読書のときは片側を背もたれに、疲れたら横になってベッドとして利用できるほか…

サイズも大きいため、2人がけのソファとしても。

まだまだ実験段階ではあるものの、このユニークなデザインは、すでに世界のデザイン系サイトで話題になっているようだ。

インテリアの主役級“おしゃれランジチェア”が発売されたら、その寝心地をぜひ試してみたい!

Lullock
http://nicolehoneindn212.tumblr.com/

インテリア(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP