ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野球選手契約更改にゴネ得なし 代理人立てたらシビア査定に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球選手にとってオフ最大の行事である契約更改。球団事務所ではどんな交渉が行なわれているのか。選手、コーチ、フロントなど、各方面の球団関係者の証言を元にした再現ドラマをお送りしよう。

 * * *
 球団本部長は朝から浮かない顔だった。今日交渉するT選手は制限いっぱいの40%減の予定なのだ。

 入団8年目の外野手Tは昨年、3割35本90打点と大ブレイクし、1億円の大台に乗った。だが今季は.198、5本、24打点と大きく期待を裏切る。しかも週刊誌に女性スキャンダルを報じられる始末だった。

 Tに、本部長はあえてビジネスライクに6000万円の年俸を言い渡した。Tは減俸こそ覚悟していたが、ここまでとは思っていなかったらしい。

「オレはいらないっていうことですかね!」と噛みついてきた。

「大幅減俸はやりたくない。皆昇給してあげたいが、そうはいかないんだ」

「だけどこれじゃ税金が払えませんよ。家のローンも組んじゃったし、子供の学費もある。来年にはもう1人生まれるんです」

 選手がまず気にするのは、前年の収入を基準に課税される所得税、住民税といった税金である。泣き落としも更改の場では常套手段だ。本部長は心を鬼にしていう。

「公私にわたって遺憾なシーズンだったからだ。でも監督は必要だといってくれているんだ」

「期待を裏切ったのは申し訳なかった。でも殊勲打もあったじゃないか」

 その後もゴネ続けたTは保留して部屋を出て、顔なじみの番記者に球団への不満を爆発させた。結局Tとの交渉は3度に及んだが破談、自由契約となった──。

 * * *
 こんなストーリーがあったうえで、一つの考察を。契約更改では必ずゴネる選手が出て来る。はたして“ゴネ得”はあるのだろうか。元巨人の橋本清氏が語る。

「確かにある程度粘ればアップすることもある。でもゴネていいことはあまりない。先輩からは“モメると、ダメだった時に大幅に年俸を下げられたりトレードに出されるぞ”とアドバイスされたし、実際そういう人を何度も見てきました」

 ちなみに代理人に交渉を任せても結果は同じ。

「むしろ代理人にはシビアになります。代理人がいればダウンが減る、なんてことになれば、皆が代理人をつけようとするでしょうからね」(阪神で球団社長を務めた野崎勝義氏)

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
落合博満氏「人の金ふんだくる代理人の気が知れない」と意見
オリックス球団社長を11年務めた男が球界の舞台裏著した本
FA宣言の金子千尋 「年俸吊り上げ交渉だったのでは」との声

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP