ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山本圭 セリフは言葉の理を理解して息を絞って外に出すもの

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 役者になってから映画デビューが早かった山本圭だが、役者としての基礎は舞台で培った部分が大きい。俳優座時代の先輩でもある仲代達也と舞台で共演したことで知ったことについて山本が語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏の週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 山本圭は1964年、日生劇場での俳優座二十周年記念公演『ハムレット』に出演、後には自身もハムレットを演じている。

「仲代(達矢)さんがハムレット、平(幹二朗)さんがホレイショー、市原悦子さんがオフィーリア。僕は後に立っている廷臣の役でした。仲代さんのハムレットを毎日見ていると、『なるほど』と勉強になりました。

『ハムレット』は長い時間をかけて一人の若い王子が人生を探求していく物語です。あの芝居は最初、歩哨が立っているところにホレイショーが現れて『誰だ』というセリフから始まります。その後も『誰だ』というセリフが何度も出てくる。つまり、『お前は誰だ』『自分は誰だ』『人間とは何だ』とリフレインしていく中で苦闘していく物語なんですよね。

 それを仲代さんは馬力で押し切るように演じ、平さんは優しい声でそれを支える役を演じる。それを見ていて『大変な芝居だ』と思いました。自分がハムレットをやるとは思ってもいませんでした。

 ただ、あの時にそれだけセリフを聞いていましたから、自分で演じていても仲代さんのトーンがフッと浮かぶんです。もちろん、仲代さんとは馬力も外見も違いますから違う芝居に見えたと思いますが、染み込んでいたものがセリフの調子として出てきましてね。

 セリフというのは、いくら大きい声で叫んでもダメです。言葉ですから、耳にして言葉として成り立ってなければいけません。声はそんなに出さなくても、息をしぼれば通る。言葉の理を理解して、息をしぼって外に出すんです」

 仲代達矢とその妻・宮崎恭子が主宰する劇団・無名塾の公演にも数多く出演してきた。

「四十になった時に『ハムレット』をやりまして、それを最後に俳優座を辞めました。その際、仲代さんから『無名塾を手伝ってほしい』と。仲代夫妻は私の仲人なんですよ。頼まれたら、もちろん嫌とは言えません。

 演出は宮崎さんがされてきましたが、非常に優れた方でした。いかに俳優をリラックスさせるか。いかに俳優が前向きになって自分の良さを見せていくか。そういう技を持っていました。

 たとえば、『映画の本番前は緊張します。あの緊張をとる良い方法はないですか』と相談したことがあります。すると宮崎さんは『《はい、本番よーい》と言われた時に息を吐いてから始めてごらん』と。たしかにそうすると、集中力が出るんですよ。

 あるいは舞台で一つ間を作りたい時は『一歩前に出てから、こっちを向いてごらん』とか。そういう、理屈ではなくて、見た目と内面がどうつながるのかを具体的に教えることに長けていた方でした。そういう演出のできる方は、あの人以外に会ったことはありません。

 宮崎さんは俳優座の演出家で俳優でもあった青山杉作さんから教わったと言っていましたが、それだけではないと思います。仲代さんの芝居を毎日観ながら『ああした方がいい』と思っていたのを積み重ねてきたのではないでしょうか」

■春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2015年12月11日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
主演映画公開の八千草薫 仲代達也と一緒に和服姿を披露する
平幹二郎 犬のように歩き教わった「消して、存在する感覚」
仲代達矢が八千草薫のために猛特訓して料理する「鮭団子鍋」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。