ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト、原点回帰の弾き語りで100人を前に数曲披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 テイラー・スウィフトがオーストラリアのハミルトン島で12月9日、ギター片手に歌うという原点に立ち返り、わずか100人のファンのためにアコースティックで何曲か披露した。

 ラジオ局Nova 96.9による企画の一環として行われた同イベント。スウィフトは小さなステージに一人で立ち、ギターもしくはピアノと自身のみで「アウト・オブ・ザ・ウッズ」、「ワイルデスト・ドリームス」、「シェイク・イット・オフ」、「ブランク・スペース」を、聴き入るファンを前に披露した。

 また、「ワイルデスト・ドリームス」の作曲にあたり“愛にすごく運命論的な考えを持っていた”時期に生まれたと明かしたスウィフトは、「“愛が終わってしまった。私たちが別れるなんて、いつか別れるのかなんて何の疑いもなかった”みたいな感じだったわ……そういう時ってあるでしょ。でも、知ってのとおりイイ曲ができたわ!」と話した。

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・コーネル、故スコット・ウェイランドに捧げ特別な曲を披露
故スコット・ウェイランドの最期の状況が捜査令状により明らかに
オバマ米大統領夫妻、2015年のお気に入りの1曲を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP