ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メーガン・トレイナー、おしっこ我慢し女子高生にサプライズ奨学金授与

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 メーガン・トレイナーが12月9日、ロサンゼルスのミルク・スタジオで行われたハリウッド・リポーター主催の【第24回 ウィメン・イン・エンターテインメント】朝食会にて、学費と生活費を全額支給する奨学金を3人の女子高生たちに贈呈した。ハリウッド・リポーターが伝えている。

 “ウィメン・イン・エンターテインメント・メンターシップ・プログラム”(エンターテインメント界の女性指導プログラム)終了間近の15人の少女たちを取り上げたエモーショナルなビデオ上映に続き、演壇に上がったトレイナーは3人分の総計60万ドル(約7,300万円)以上となる奨学金を手渡した。「ここに立ててとても光栄です」と述べたトレイナーは、「まず、話したいことが2つあります。1つ目は、すっごくオシッコがしたいの。2つ目は、メリンダ(ビル・ゲイツの妻、メリンダ・ゲイツ)、あなたは最高よ」と冗談ぽく話した。

 トレイナーはロヨラ・メリーマウント大学(LMU)に代わり、ビクトリア・アレヴァロに全額支給の奨学金を贈呈。続いて、タレント・エージェンシーのICMパートナーズからラリッサ・ラミレスに10万ドル(約1,200万円)の奨学金が贈られた。トレイナーは「LMUは今年の教え子たちにとても感心したため、奨学金をもう1人に贈ることにしました」と、3人目のサプライズ奨学生があることを発表し、LMUの映画・テレビ学部に代わってローラ・エスピタへ奨学金を贈呈した。

 毎年最低1人の少女に全額支給の奨学金を贈ることを公約しているLMUだが、例年の奨学金に加え、今年はハリウッド・リポーターが集めた大学の教育資金と同額を年間最高10万ドルの範囲で贈ることをLMU映画学部の学部長が約束していたのだ。

 少女たちはそれぞれトレイナーから受け取ると、メンターシップ・プログラムやメンター達、奨学金の提供者らに謝意を述べた。ビクトリアは涙をぬぐいながら、「私たちにこれを可能にしてくださった皆さんに感謝します。私は病気で気分が良くなかったのですが、とても良くなりました」と話した。

 ハリウッドの最もパワフルな女性100人の功績を称える毎年恒例の朝食会は、エンターテインメント業界の有力者がこの1年間に指導した15人の少女たちを招いて行われた。

 トレイナーは「素晴らしい皆さん、おめでとう。皆さんのことを誇りに思います」と受領者たちに向け祝辞を述べた。

関連記事リンク(外部サイト)

クリス・コーネル、故スコット・ウェイランドに捧げ特別な曲を披露
故スコット・ウェイランドの最期の状況が捜査令状により明らかに
オバマ米大統領夫妻、2015年のお気に入りの1曲を発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP