ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クエンティン・タランティーノ長編第8作『ヘイトフル・エイト』ゴールデングローブ賞3部門ノミネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クエンティン・タランティーノ長編第8作『ヘイトフル・エイト』ゴールデングローブ賞3部門ノミネート

 全世界待望のクエンティン・タランティーノ長編第8作『ヘイトフル・エイト』。来年2月27日より日本でも公開される本作が【第73回ゴールデングローブ賞】3部門にノミネートされた。

クエンティン・タランティーノ新作写真一覧

 ギャガ配給作品、クエンティン・タランティーノ監督による雪山のロッジを舞台に“ヘイトフル”なクセ者8人が殺人事件をきっかけに「嘘」と「嘘」をぶつけ合う密室ミステリー『ヘイトフル・エイト』が、12月10日に発表された【第73回ゴールデングローブ賞】にて助演女優賞(ジェニファー・ジェイソン・リー)、脚本賞(クエンティン・タランティーノ)、作曲賞(エンニオ・モリコーネ)と、堂々の3部門にてノミネートされた。

 既に2度のゴールデン・グローブ賞脚本賞を手にしているタランティーノ監督が、史上2人目となる3度目の栄冠を手にするかにも注目が集まっている。また、既に発表されている【ナショナル・ボード・オブ・レビュー】で助演女優賞を受賞したジェニファー・ジェイソン・リーは、今回、タランティーノ作品に初参加ながらも、その怪演ぶりが話題になっており、助演女優賞受賞への期待も高まるばかり。

 【第73回ゴールデングローブ賞】の受賞発表は、LA時間1月10日(※日本時間11日)。2月27日の公開に向けて注目してほしい。

関連記事リンク(外部サイト)

クエンティン・タランティーノ長編第8作『ヘイトフル・エイト』来年全国公開
佐渡裕【1万人の第九】が開催、栗山千明「これ以上ないくらい贅沢」
X JAPAN 新作で紀里谷和明監督ハリウッド進出作『ラスト・ナイツ』とCMコラボ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。