ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アベンジャーズ真っ二つ!『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』日本公開日はアメリカより早い!2016年4月9日に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AOLニュースでもたびたび取り上げてきた(※参考:2016年GW公開『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』詳細!ヒーロー、ヴィランが大交錯?)、マーベル・スタジオ待望の最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。先日、英語版予告編の徹底解説をお伝えした本作の日本公開日が2016年4月9日に決定した!この日付は全米公開日である2016年5月6日よりなんと7日も早いのである。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、アイアンマン、キャプテン・アメリカというマーベルを代表する2人の対立、そして最強の”アベンジャーズ”をニ分する”禁断の戦い(シビル・ウォー)”を描いた、衝撃のアクション・エンターテイメントだ。

本作は、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の後、キャプテン・アメリカが”アベンジャーズ”のリーダーになるところから始まる。人類の平和を守るための”アベンジャーズ”による戦いは、アメリカ国内のみならず、ヨーロッパ、アジア、アフリカと全世界に広がり、その戦いによる人的、物的被害は膨大なものになっていた。世界はそんな状況を危惧し、国際的な政府組織の管理下に “アベンジャーズ”を置き、許可なしでの活動が禁止される。

「一般市民を危険に晒してしまった」という自責の念を持つアイアンマンは真っ先に賛成するが、「自らの行動は自らが責任を持つべきだ」という信念を持つキャプテン・アメリカは強く反発。お互いが「平和を守りたい、仲間を守りたい、友情を守りたい」という同じ想いを持ちながら、彼らのすれ違いはエスカレートしていく。−−そんな一触即発の緊張感の中、壮絶なテロ事件が発生。そのとき、アイアンマンとキャプテン・アメリカはどのような決断をするのか?

アイアンマン役のロバート・ダウニーJr.を筆頭に、キャプテン・アメリカ役のクリス・エヴァンス、スカーレット・ヨハンソン、ジェレミー・レナーらお馴染みのメンバーに加え、エリザベス・オルセン、ポール・ベタニーら「エイジ・オブ・ウルトロン」で新加入したメンバー、さらに “アントマン”としてユニークなアクションを見せたポール・ラッドや、主役映画の製作が決定しているブラックパンサー役のチャッドウィック・ボーズマンなど、マーベル映画の集大成とも言うべき豪華キャストが集結。かつてない壮大なスケールと、ヒーローではなくひとりの人間として描くエモーショナルな友情のドラマをダイナミックに盛り上げる!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は2016年4月9日全国ロードショー!

(C) 2015 Marvel.

https://youtu.be/uVdV-lxRPFo

■参照リンク
『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』公式サイト
Marvel-japan.jp/Civilwar

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集

関連記事リンク(外部サイト)

アイアンマンVSキャプテン・アメリカ&ウィンター・ソルジャー!ちらっとブラックパンサー 映画『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』予告編
2016年GW公開『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』詳細!ヒーロー、ヴィランが大交錯?

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP