ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

​シドのマオ、tatsuoらプロデュースのV系オーディションがついに合格者発表!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ビジュアル系ロックバンド・シドのマオ、ゴールデンボンバーほか多数のアーティストのプロデュースを手掛けるtatsuo、ダンサーでプロデューサーのカリスマカンタローの3名がプロデューサーとなり、「V系ダンスバンド」を作り上げるオーディションプロジェクトが、『イケVプロジェクト』だ。

オーディションは、バンド部門、プレイヤー部門(ボーカル、ギター、ベース、ドラム各パート)、ダンス部門、ダンスボーカル部門で募集。毎月一回、池袋ニコニコ本社サテライトスタジオより、ニコニコ生放送でプロジェクトの行方を追うドキュメンタリー番組が放送されてきたが、12月12日(土)18時から放送される「イケVプロジェクト #6」にて、いよいよ全合格者が発表される。

未知のV系ダンスバンドの誕生の瞬間を見届けよう。

【参照リンク】
・イケVプロジェクト オフィシャルサイト
http://ike-v.com/

関連記事リンク(外部サイト)

​新たな課題も! V系ダンスバンド・オーディション「イケVプロジェクト」第3回が放送

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。