ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「2015年タレントCM起用社数ランキング」今年の顔を飾った3人の女優とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年1月~11月のCM出稿状況を基にした『2015タレントCM起用社数ランキング』が発表され、男性部門では嵐の相葉雅紀が、女性部門では女優の上戸彩がそれぞれ1位に輝いた。

男性部門では今年は嵐のメンバーが上位を占める結果に。12社に起用され、男性部門単独首位を獲得したのは相葉雅紀。続いて櫻井翔と二宮和也が11社、大野智は10社、松本潤は9社という結果に。また、10社起用では俳優の西島秀俊、スポーツ界から昨年、年間首位の元プロテニスプレイヤー・松岡修造と同じくテニスの錦織圭選手が昨年に続いて上位をキープしている。次いで9社に起用されたのはV6の岡田准一、8社では落語家の笑福亭鶴瓶、俳優の松坂桃李、向井理、関ジャニ の村上信五がランクインし、三代目J Soul Brothersの登坂広臣も上半期に続き年間でも初登場した。7社では阿部寛、有吉弘行、妻夫木聡、松重豊、サッカーの本田圭佑選手がランクインした。

女性部門では、男女総合でもトップの13社に起用され、2010年以来の年間女王の座についた上戸彩。次いで12社起用の2位には上半期初登場の広瀬すずが年間でもランクインし、ランキング常連の杏、2年連続ランキング入りした有村架純、山本美月が名を連ねた。昨年、年間首位のローラは11社でランクインし存在感を示している。10社以下では大島優子、綾瀬はるかなどの常連組が名を連ねる中、9社起用で女優の木村文乃、吉田羊が初登場、両者ともにドラマ・CMに引っ張りだこの一年となり、12社起用の広瀬すずとともに今年の顔と言えるだろう。

その他、上位以外での注目人物として、男性部門では個性派俳優の吉田鋼太郎が4社、ムロツヨシさんが3社起用と、若手俳優が台頭する中で独特の存在感を示した。スポーツ界からは元フィギュアスケート選手の織田信成が6社に起用され、上位進出が手の届くところに来ている。また、同じフィギュアスケート界からは羽生結弦選手も6社に起用された。

女性部門では広瀬すずや、木村文乃、吉田羊のように彗星の如く上位進出する女優が現れた一方で、『マッサン』出演のシャーロット・ケイト・フォックスは6社に起用され、ブロードウェイミュージカル「CHICAGO」にも出演するなど、大きく羽ばたいた一年となった。来年は視聴率も好調の『あさが来た』主演の波瑠、次回『とと姉ちゃん』主演の高畑充希の次期上位ランクインが予想される。さらに女性モデルでは佐藤栞里が今後注目の一人。バラエティ番組等では天真爛漫な魅力を振りまく彼女、来年はCM起用に結びつくのではないか。期待がかかる。

■参照リンク
ニホンモニター株式会社 公式サイト
http://www.n-monitor.co.jp/pressreiease/2015/1210.html

■12月のAOL特集
ハリウッドスター達も昔は若かった!嬉し恥ずかしお宝フォト集

関連記事リンク(外部サイト)

大人気イケメン水泳部アニメ「Free!」の原点を描いた『映画ハイ☆スピード!』 武本監督が作品に込めた想いとは
近藤真彦が語るジャニーさん流「人材育成」方法が面白すぎると話題に 「興味深い」「さすがジャニーさん!」
「2015年タレントCM起用社数ランキング」今年の顔を飾った3人の女優とは?
ニャンコとネズミが実際に遭遇すると・・・?ニャンコの反応が面白すぎるwww【動画】
ジャスティン・ビーバーが一目惚れした「ミランダ・カー似の美少女素人」とは?世界中で話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP