ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コメディ映画『The Night Before(原題)』で大はしゃぎするアンソニー・マッキー、『キャプテン・アメリカ』シリーズ最新作でファルコンを再演

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2002年公開の音楽映画『8 Mile(原題)』で俳優業に参入し、戦争映画『ハート・ロッカー』や映画『ミリオンダラー・ベイビー』のような作品に出演して高い評価を受けてきたアンソニー・マッキーは、最近では、映画『Shelter(原題)』でホームレスの役を演じ、俳優としての新しい分野を開拓したことを誇りに思っている。マッキーは、2016年公開の映画『Captain America: Civil War(原題)』で、“ファルコン”として知られるキャラクターで私達の前に戻ってくるが、それより先に、ダイアン・キートンやジョン・グッドマンと共演するコメディ映画『 Love the Coopers(原題)』と、クリスマス・コメディ映画『The Night Before(原題)』のホリデーシーズン向けの映画2作品に出演する。

この記事は2015年12月1日の本紙ヴァラエティに最初に掲載されている。購読はこちら。

クリスマスというのは、なぜ物語の舞台として良いのでしょうか?
ハリウッドには広い心を持つ人がたくさんいるように感じる。子供の頃はいつも『チャーリー・ブラウンのクリスマス』を見て育ったし、家族が周りにいて一緒に映画を見るという素晴らしい時間を過ごせるのは、ほぼクリスマスの時期だ。

『Love the Coopers(原題)』ではどういった役を演じるのですか?
家族の一員を説き伏せて、彼女にクリスマスを祝う気持ちを取り戻させようとする地元の警察官の役を演じる。クリスマスの過去と未来と現在の亡霊のような役だ。

『The Night Before(原題)』ではどのようなことが起きるのですか?
3人の友人(マッキー、セス・ローゲン、ジョセフ・ゴードン=レヴィットがそれぞれ演じる)がいて、クリスマス・イヴの夜に大はしゃぎする。彼らは毎年クリスマスに集まり、祝いあうのが伝統なんだ。

ファルコンを演じるにあたり、気に入っているところは?
サム・ウィルソン(ファルコン)は本当に素晴らしいキャラクターだ。サム(ファルコン)は実際、キャプテン・アメリカの相棒として同等かそれ以上になった。ファルコンを演じることは本当に興味深い。なぜなら、コミックを読んで育った人たちはこの作品の誠実なファンだから。そして、ファルコンはベテランの軍人であり、このキャラクターに対する非常に大きな誇りと尊敬がある。ファルコンは物語の中でのモラルの指針となっている。

次回作『Captain America: Civil War(原題)』でファンが期待できることは何ですか?
『アベンジャーズ』シリーズが驚くほど素晴らしくて、どうなるか予想もつかないと思ったとしたら、この作品は、間違いなく心を揺さぶり、作品を見ながら自分の席から飛び上がるだろう。

『Shelter(原題)』を見て、観客にどんなことを感じて欲しいですか?
例えばホームレスの人を見たとしても、彼らがどうしてそうなったのかは分からない。でも、もし、私達が少しでも時間をかけて、少しでも皆に優しくすることができるならば、この世界はもっと良い場所になるはずだと思う。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP