体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

[PR]どんばれって何!? “鮭に食われる熊”や“リモコンで呼べるゴミ箱”など“どんばれなもの”を『どん兵衛』がプレゼント中!

2

加山雄三さん演じる“どん兵衛さん”が、なぜかカップ麺の『どん兵衛』に姿を変えて佐藤健さんに食べられる、衝撃的なCMがオンエア中ですが、CM内でも語られているのが“どんばれ”というキーワード。

どんばれ……どんばれとは!?

8

「晴れた空を見上げながら、
うどんを食べるのも
心が晴れていいものんだよ、というのが、
どんばれかな」

7

「意外とプレッシャーかけちゃうのが、
がんばれだとすると、
お湯かけて、うどんでも食べようよ…が、
どんばれかな」

適度なゆるさ、ほんわかとした優しさを含んでいる“どんばれ”。なるほど、みなさんわかりましたよね? 伝わりましたよね、どんばれ。

1

そこで特設サイトでは、世の中にある“どんばれなもの”を紹介。しかも欲しいものには応募できる、プレゼントキャンペーンもあわせて実施! 集った“どんばれなもの”の一部がコチラ。

03 エコ熊(食われ熊)

2

鮭をくわえた熊ならぬ、鮭にくわえられた熊の置き物。出オチ感漂うエコ熊ですが、玄関に置いておけば、話題になること間違いなし。訪問販売や怪しい勧誘が押しかけてきても、これを見たら「ヤバイ家だ!」とそそくさと立ち去ってくれるでしょう。鮭が熊食べてますから。シックな色合いなので、どんな内装にもなじむはず。

04 泡時計

3

砂時計ではなく泡時計。「それでは正確な時間を計れないのでは、という大方の予想通り、正確な時間を計ることはできません」。あ、時間計れないんだ(笑)。それって時計? そもそも時計とは……? と、時計の概念にまで思いを巡らせることになるこの泡時計。だいたいの時間で、ただ時が経っているのがわかればいい。まさに“どんばれ”アイテム。

06 ふせんするサポーター

4

貼れば貼るほど、サポーターが増えるふせん。この説明だと、なんだか魔法のアイテムみたいですね。残念ながら自分のサポーターは増えてくれませんが、貼った本の見た目は大勢のサポーターでにぎわいます。いや、もしかしたら、この大勢のサポーターが飛び出たユニークな本を見たら、みんなが声をかけてきて……現実のあなたのサポーター(友だち)だって増えるかも!

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。