ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

規定と規程は何が違うの?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

規定と規程は何が違うの?

Q.

 よく規定という言葉と規程という言葉を聞きますが、この両者は同じ意味なのでしょうか。

 それとも、使用方法・使用場面など何らかの違いがあるのでしょうか?

(1)同じである
(2)違うものである

A.

正解(2)違うものである

 規定とは、例えば憲法の個々の条項、就業規則の個々の条項を意味します。
 これに対して、規程とは、規定や規則の集合体を意味します。言い換えれば、規定集や規則集が規程ということになります。

 規定は、個々の条項を意味するものですから、条項を作るという意味で、「規定する」というように動詞で使用されることもあります。
 これに対して、規程は、個々の条項を意味するものでないことから、動詞で使用されることはありません。

 ちなみに、法律家は、規程という言葉をほとんど使用しません。
 それは、すべての法律には、「憲法」とか「民法」というような法令名があるからです。その法令名こそが、規程なのです。

元記事

規定と規程は何が違うの?

関連情報

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。