ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おとめ座は「運命の人」を感じる出逢いの予感…!【週末の出逢い予報】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

TVCMや街中のディスプレイなどでクリスマスムードを感じるようになってきました。
今年のクリスマスは平日ともあり、特別な何かをするには難しいところではありますが、やっぱり年に一度のイベントは心が踊るものですね。

秋から始まったドラマもそろそろ終盤。
恋愛ドラマでは主人公たちがくっつく、くっつかないなんて展開に一喜一憂する時期でもあります。

編集部内では『5→9 ~私に恋したお坊さん』がブーム。
毎週見るたびに胸がキュンキュンして、恋したいモードに火が付いています。

クリスマスまであと2週間。ドラマのように胸が高鳴る出逢いを見つけるべく、みなさんも一緒に頑張りましょうね!

それでは今週も出逢い予報をチェックしてみましょう。

 

おひつじ座

今日は友人を誘って、飲みや遊びに出かけてみましょう。すぐに恋には結びつかなくても、興味が持てる異性と出逢えそうです。強引になりすぎない程度に積極的な交流を心がけると、次に逢う約束もすんなり取り付けられます。

おうし座

あなたが一目見て気に入ってしまうような、好みにピッタリの異性を紹介してもらえそうです。自分から積極的に話しかけ、親しくなれるように頑張りましょう。コミュニケーションを重ねて、相手に信頼感を与えることが大切です。

ふたご座

これといって新しい出逢いには恵まれないでしょう。けれども、仕事や趣味の活動など、自分のやるべきことに集中していれば確実に魅力はアップします。その結果として、自然と明日以降によい出逢いを引き寄せられるに違いありません。

かに座

海外に縁のある異性と出逢う可能性が高まります。外国人の異性と出逢ったり、海外を拠点にしている異性と知り合ったりと、意外な接点が生まれるかもしれません。交流を深めるうち、恋愛感情が芽生えるといった展開も考えられるでしょう。

しし座

あなたの好みを十分理解している親しい友人が、ふさわしい異性を紹介してくれるかもしれません。あなたがその異性を一目で気に入る可能性も大。それを機に、一気に交際へと発展するといった展開も考えられるでしょう。

おとめ座

今日は「この人が運命の人かもしれない」といった、不思議なインスピレーションを感じる異性と出逢えるかもしれません。相手もあなたと同じ印象を抱く可能性が大。そうした直感をきっかけに、二人の仲は急速に進展していくでしょう。

てんびん座

美術館やコンサートなど芸術に触れる中で、新しい出逢いに恵まれそうな一日です。趣味や感性の似ている異性とめぐり逢い、意気投合しそう。話が盛り上がるうちにお互いの恋心が燃え上がり、交際に発展する可能性も大です。

さそり座

今日は高いステータスの持ち主と出逢う可能性が大。社会的地位や経済力に恵まれた異性とめぐり逢い、その人を恋人にしたいという気持ちを抱くかもしれません。ただし、表面的な条件にとらわれてしまうとうまくいかないので注意。

いて座

落ち着いた振る舞いを心がけると、異性のほうから歩み寄ってくる日です。また、仕事や趣味に情熱を注ぐことで、思いがけない恋のチャンス到来の予感。同僚や趣味の仲間の中から、意外な人物を恋のお相手として注目するようになるかも。

やぎ座

コンサートや美術展、ショーなど芸術的なものに触れるとロマンチックな恋に恵まれる日。同じような感性の持ち主と、ドラマチックな出逢いを果たす可能性があります。ふとしたきっかけで言葉を交わし、そのまま真剣な恋愛に発展するかも。

みずがめ座

今日は仕事や勉強など、自分のやるべきことに集中することで、新たな恋のチャンスが手に入る運気です。あなたが忙しく駆け回っている姿を見た異性が、好感を抱いて近づいてくるかもしれません。ねぎらいの言葉は素直に受け止めて。

うお座

情緒が豊かになり、生き生きとした表情を見せる今日のあなた。そんな姿に惹かれ、複数の異性が歩み寄ってくるといった展開も考えられます。その中にピンとくる相手がいれば、新たに恋が始まる可能性も十分あるでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

<ことだま診断>名前でみるあなたの”取扱説明書”
年末は心の断捨離で、新しい恋を招く準備を!【週末の出逢い予報】
<心理テスト>人には言えない…♡!? アレの欲望
世界が認めた占い師!川崎の父のスゴさを体験すべく、編集部が突撃取材!
今後の仕事運や恋のお相手は?元カリスマホスト城咲仁の未来を、オネエ占い師TO-RUが占う

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
omotanoの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。