ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

病院から出勤する黒柳徹子 G馬場の教え守り毎日スクワット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 総合司会として大晦日の紅白歌合戦に出演する黒柳徹子(82才)。現在まで独身を続けた黒柳は、約40年前から、都心部にあるマンションで、NHK連続テレビ小説『チョッちゃん』(1987年放送)のモデルになった最愛の母・朝さんや弟と暮らしてきた。2006年に母が亡くなった後もこのマンションで弟と同居を続けている。

「いつも元気に“こんにちは~”って挨拶してくださいます。今、マンションの建て替え工事が始まったんですが、完成は数年後になりそうなんです。でも、建て替えの話し合いには黒柳さんの関係の人が出席してたから、完成後もお住まいになるつもりなんでしょうね」(マンション住民)

「近所のスーパーでもよく見かけますよ。ひとりで買い物かごを持って、普通に買い物されてましたから。お野菜を入れてらしたから、お料理もされるんだなって」(別の近隣住民)

 元気な姿を見せる黒柳だが、テレビ局関係者はこう話す。

「『徹子の部屋』にジャイアント馬場さんが出演され、健康法としてすすめられたヒンズースクワットを毎日欠かさず行っているそうで、実際に目の前でやってみせてくださいました。驚異的ですよね。馬場さんはその2か月後に亡くなったので、『遺言』として日課にしてるらしいです。他にもいろんな健康法を実践してるらしく、“あなた今おいくつ? すぐに年をとるんだから、今からやっときなさい”とアドバイスしてもらいました(笑い)」

 しかし、黒柳も82才。あくまでプロフェッショナルとして仕事と向き合っているが、ごく親しい関係者の前では違う姿も見せるようだ。

「ここ数日は病院から仕事に出て、仕事先から病院に戻る生活を送っているんです。11月の頭にかなりひどい風邪をこじらせたこともあり、そんな中での紅白決定ですからより大事をとってのことでしょう。自宅マンションのすぐ近くにある総合病院に通っていて、検査をするなど少しでも不安があるときは大事をとって、仕事帰りに病院に向かい、そのまま泊まることもあります。そして翌日、病院から直接、撮影や打ち合わせに行くんです。彼女の仕事への執念を感じますね」(黒柳を知る関係者)

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
矢口真里と中村昌也に別居報道 仕事と子供で夫婦関係に亀裂
近藤真彦長男が黒柳徹子と勝負 黒柳が太刀打ちできぬことも
向井理の新居に国仲涼子がペット連れで“合鍵お泊り”と報道

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP