ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

所ジョージが若手芸人に助言 「1つのネタにしがみつくな」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・世田谷の閑静な住宅街にひっそり佇む秘密基地。通称「世田谷ベース」は、高級スポーツカーから戦車の模型やモデルガンなどがビッシリ詰まった、所ジョージ(60)の事務所兼遊び場だ。

「これ何? 31年前のオレ? いいねー。ホントにナメた男だよなー」

 1984年に本誌に掲載された写真を渡すと、所は嬉しそうに目を細めた。「じゃあ、そのときの記事そのまんま使えばいいじゃん。オレ、その頃からなんにも変わってないから」

 1984年といえば、「す・ご・い・で・す・ネッ」で第1回新語・流行語大賞の流行語部門・大衆賞を受賞した年。その頃からバラエティ番組に欠かせない存在となっていた所も、今年1月で還暦を迎えた。オモチャ箱に飛び込んだような遊び場はたしかに60歳のものとは思えぬ賑やかさだが、さすがに29歳のときのままではないだろう。

「若い頃はもっと芸能人としての欲があったよね。番組で評価されたいとか、おカネも稼ぎたいとか。でも60になったらさすがに“今からこうなりたい”というのはないから。欲の質が変わったかもしれない。あと、行動が慎重になったな。車でスピード出し過ぎないとか、階段で手すりにつかまるとか」

 50歳を過ぎた頃からは、権利にもこだわらなくなった。「世田谷一郎」の名でユーチューブに次々と公開している曲も著作権フリーだ。

「売れない新人バンドとか、勝手にあれをコピーしてアルバム作ったらいいと思うよ。『作詞・作曲=どうやら所ジョージらしい』と書いてあったら、それだけで面白いから許す。若い頃は権利を自分で守らないと芸能の仕事は成り立たないと思っていたけど、この歳になったら権利なんか放棄したほうがカッコいい。

 下町で工場やってるおじさんたちと付き合ってみてそう思ったんだよね。あの人たち、すごい技術や才能があるのに、ドンブリ勘定なんだよ。本人は当たり前にできちゃうから、どんなにすごいものを作ってくれてもおカネを受け取ろうとしない。だから何か頼んでも、1升瓶の酒1本も持っていけばやってくれたりするの。

 で、それ飲みながら“なんで儲からねぇんだ”とか愚痴ってるんだけどさ(笑い)。それも含めてカッコいいんだよ。あとさ、もう終わった仕事の権利なんかに引っかかってると、次の仕事がおおらかな気持ちでやれないじゃない? それが嫌なんだよね。やりたいことは次々と出てくるからさ」

 そのせいか、“一発屋”で終わりがちな若いお笑い芸人を見る目は厳しい。

「新しいものを作らずに1つのネタにしがみつくのは芸能じゃないと思う。その1つを作れたのはすごい能力なんだから、同じ手順で考えればもっとたくさん作れるはずでしょ。100個作ってから世に出てくればいいんだよ」

◆所ジョージ(ところ・じょーじ):1955年1月26日生まれ。埼玉県出身。『所さんの目がテン!』(日本テレビ系、日曜7時~)、『1億人の大質問!? 笑ってコラえて!』(日本テレビ系、水曜19時56分~)など8本のレギュラー番組に出演する。CDアルバム『JAM CRACKER MUSIC 3』が発売中。

撮影■桑島智輝 取材・文■岡田仁志

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
林家正蔵 所ジョージが100万円の刀の鍔を無価値にして衝撃
病院から出勤する黒柳徹子 G馬場の教え守り毎日スクワット
膳場貴子アナ「降板申し入れ」誤報の内情 TBS局内で問題に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP