ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

園遊会で天皇からお声掛けされる「特別誘導者」の選ばれ方は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 春と秋に天皇皇后両陛下主催で行われる「園遊会」。大勢の招待客はみな、陛下に「お声掛け」される光栄にあずかろうとするが、そこには一般人の目に見えないルールがある。皇室ジャーナリストの神田修一氏がレポートする。

 * * *
「園遊会にお招きいただきましたが、陛下および皇族方とは一切お話しすることができませんでした。あれほどの人数がいる中ではまず無理です。それでも国民として陛下にお会いできて光栄に存じます」

 園遊会に出席したひとりは、そう笑顔を浮かべていました。紅葉が池の水面に映える東京・元赤坂の赤坂御苑で11月12日、秋の園遊会が開かれました。招待客約2000名が出席する中、天皇皇后両陛下のお元気なお姿や皇太子妃雅子さまの12年ぶりの出席に国民は安堵し、明るい皇室像を見ることができたと思います。

 園遊会では、陛下との懇談ができる人はごくわずかです。その中に、場所や順番も決められている「特別誘導者」と呼ばれる5名がいることはほとんど知られていません。

 今回は、漫画家の水島新司氏からiPS細胞の臨床研究で大きな成果を上げた理化学研究所プロジェクトリーダー・高橋政代氏、栃木県知事・福田富一氏、クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏、長唄演奏者の宮田哲男氏といった並び順でした。懇談内容は陛下と特別誘導者が付けるピンマイクを通じて、国民にも伝えられます。

 園遊会は、天皇皇后両陛下が主催する戸外の宴会です。明治時代には春の「観桜会」、秋の「観菊会」と称され、現在の「園遊会」という名称で催されたのは戦後の昭和28年、昭和天皇の時代からでした。

 毎年、春と秋の2回、赤坂御苑で催される園遊会は、衆・参両院議長・副議長・議員、内閣総理大臣、国務大臣、最高裁判所長官・判事、その他の認証官など立法、行政、司法の各機関の要人、その他各界功労者らとその配偶者約2000名が招かれます。様々な顔ぶれでその時代の日本を知ることができるのです。

 毎回、園遊会に出席する招待客は2000名前後になりますが、宮内庁が発送する招待状は約2500名にも及びます。欠席される方は、高齢、病気、遠方などの理由です。

 選出方法は、中央の各省庁が推薦する約2500名分のリストが宮内庁に提出され、宮内記者会(宮内庁の中にある記者クラブ)にも同じリストが届けられます。記者たちが手分けして、その年に活躍した人物で特に懇談内容をマイクを付けて報じたい人を約10名に絞り込み、宮内庁に記者会の意向を伝えます。宮中行事や式典を司る式部職から長官官房を経て陛下をお世話する侍従職を通して両陛下のお手元に届けられます。そのリストをご覧になられた両陛下が最終決定をされるのが、“特別誘導者”と呼ばれる人々です。

 特別誘導者には、宮内庁が事前にお知らせすることはありません。当日、病気や天候不順などで欠席することもあるからです。そのため当日、招待客が入る赤坂御苑の4つの門に宮内庁職員を配置し、10名のリストの中から5番目までをその場で、「本日、陛下とお話しする場所をご案内します。メディアに映像と音声で紹介されますので、ご了承願います」と話して、メディアが取材待機する前の位置に誘導するわけです。すると、必ず陛下とお話しすることができることになります。もしも5番目の方が欠席していたら、6番目の方を誘導します。

 関係者の話によると、5番目までに入れなかった特別誘導者にも配慮はあるそうです。陛下が退出へ向かわれる”お道筋”の最前列で待つことになるからです。そこで陛下とお話しする機会を設けるわけですが、歴代の式部官長によって十人十色やり方が違うと言われているようです。

【プロフィール】神田修一(かんだ・しゅういち):1935年東京生まれ。九州朝日放送を経て、テレビ朝日にて1978年から宮内庁担当。1995年の退社後、フリーの皇室ジャーナリストとして活動。

※SAPIO2016年1月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円
アニメ好き愛子様 声優の「サザエでございま~す」聞かれる
数少ないご静養返上して広島への訪問決めた美智子さまの思い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP