ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】食べたリンゴをスマホで撮って送信! すぐ歯科衛生士が歯を診断してくれるぞ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ringo0

新鮮なリンゴを丸ごと「コリッ!」とかじって食べる! なんとも贅沢な食べ方ですが、歯の健康状態が悪いと、血がリンゴについたり、歯がガクガクしたりしますよね。リンゴは好きだけど、それが怖くてかじれない! という人は多そうです。

・「Dentapple」の専用アプリ
でも、歯の健康が心配な人にオススメのリンゴがあります。それが「Dentapple」です。このリンゴには一つひとつにQRコードがついていて、それを「Dentapple」の専用アプリで読み取ることができます。

・歯科衛生士が歯を診断
読み込んだらリンゴをかじり、その断面を撮影した写真と、歯の状態を選択肢から選んでアプリから送信。ただそれだけで、歯科衛生士が歯を診断してくれるのです! この診断により、虫歯リスク、歯周病リスク、顎関節症リスクのアドバイスをもらえるのです。送信後、1日以内に診断結果が届くようです。

ringo2

ringo7

・インターネット通販や一部の店舗で購入
市販されている「Dentapple」以外のリンゴには専用のQRコードがついていないため、診断できないようです。「Dentapple」と名づけられたリンゴ(長野県松本産のふじりんご)がアプリに対応していて、インターネット通販や一部の店舗で購入できるそうです。

・美味しいリンゴも食べられる
ちなみに「りんごはテストの後も美味しくいただくことができます」とのこと。歯の調子もチェックできて、さらに美味しいリンゴも食べられるのですから、まさに一石二鳥ですね。

難点を言えば、人気がありすぎて通販サイトで「Dentapple」が売り切れていることでしょうか(笑)。価格は税込み2200円で、1回の注文ごとに送料900円が必要です。

https://youtu.be/pWCAnLGiM2s

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/11/dentapple/

Via: Dentapple

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。