ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

育休明け直後は魔の一週間。保育園デビューで病気をもらいまくってきた息子

DATE:
  • ガジェット通信を≫

長男が1歳になると育児休業も終わり、いよいよ仕事復帰しました。

それと同時に、息子も保育園デビュー。

ところが、ワクワク、ドキドキの仕事復帰&保育園デビューのはずが、思いがけないことになってしまったのです。

2時間×3日間の慣らし保育を終え、息子の丸1日保育デビューと私の職場復帰は同じ日でした。

復帰前日はドキドキして、私はなかなか寝付けずにいました。

翌朝、登園して息子も私も涙のお別れをした後、いよいよ職場へ。

仕事中も息子のことが気になって仕方がなかった私は、仕事が終わると急いで保育園へ向かいました。

私を見るなり泣き出す息子。

ずっと泣いていたらしく、鼻水は垂れているわ、しゃくりあげるわ・・・。

そんな様子の初日を終え、翌日の土曜日は入園式でした。

入園式の最中、息子の顔を見ると鼻水がたくさん出ています。

「え、風邪?どうしよう、熱ないよね?」

と不安なまま入園式を終え、その足で小児科へ。

風邪とのことでした。

翌日の日曜日は旦那も私も出勤でしたが、保育園はお休み。

なので、実家の両親に子守をお願いしました。

復帰後すぐに体調を崩すとは思わず

「どうか、大したことありませんように」

と願っていました。

日曜日、仕事中に実家の母からメールが届きました。

「朝から3時間ごとに下痢をしてぐったりしてる。元気も食欲もないし、熱は37.4度」

その晩、おう吐し熱も高くなったので、急患センターに連れて行きました。

そこでは、風邪からくる下痢という診断で整腸剤を処方されました。

翌日月曜日は仕事が休みだったので、私が小児科に連れて行きました。

検査の結果『ロタウイルス胃腸炎』とのこと。

おう吐、下痢、高熱が特徴です。

小児科の先生によると、息子の通う保育園で流行っているとのことでした。

慣らし保育の期間に、ウイルスをもらってきたのかもしれません。

それからもおう吐、下痢を続ける息子。

下痢はオムツから必ず漏れます。

下痢のたびにズボンは汚れるし、看病する側も大変だなぁと実感しました。

火曜日、そんな様子で保育園に預けられるわけもなく、実家の母に息子をお願いし仕事へ。

小さいうちは色々と病気しやすいとは聞いていたものの、復帰後いきなり病気になって保育園を休まなければならなくなってしまいました。

運よく、私は実家が近く母に手伝ってもらえる環境があったので幸いでした。

ずっと熱が高く下痢も続き、きついだろうな、かわいそうに、なんて息子のことを思っていた矢先、自分にもウイルスの魔の手が・・・。

水曜日、朝から貧血と吐き気で気分が悪くたまりません。

しばらくすると、おう吐。

私もロタウイルスにかかってしまいました。

仕事に行けるわけもなく、病院で点滴をしてもらいました。

息子は39.5度で、きつくて寝付けずとてもかわいそうでした。

木曜日、自分の体調はまだ治りません。

しかし、高熱の息子を連れて再度小児科へ行きました。

診断の結果、ロタウイルスの後、RSウイルスと中耳炎になっているとのことでした。

これもまた、保育園で流行っていたそうです。

私自身の体調も悪い上に、息子は病院の待ち時間も辛そうだったし、検査のたびに泣くのでかわいそうでたまらない1日でした。

私も、復帰早々何日も仕事を休む破目になったので、会社での立場もなく、なんとも言えない思いでした。

その後、土曜日には体調が戻った私は出勤しましたが、看病して手伝ってくれた実家の母や父までもがロタウイルスに感染し、申し訳ない気持ちでした。

息子はというと、火曜日からやっと保育園に行けるようになりました。しょっぱなから1週間お休みすることになったので、慣れるまでに時間がかかりました。

著者:deg

年齢:30代前半

子どもの年齢:5歳、3歳、7か月

3人の男の子と毎日賑やかに過ごしています。

1年前までフルタイムで勤務。今は、専業主婦です。

外で働きながらの子育ても大変だったけど、家で子どもと向き合う毎日の大変さも実感中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

妊婦生活日本 vs アメリカ
職場に妊娠を報告できず体調不良のまま勤務した結果、思わぬ大事故に!
大切なのは早めに周囲の理解を得ること! 妊娠と仕事の両立する上で気を付けたこと

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP