ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LACCO TOWER、2月発売のメジャー1stシングル「薄紅」が『ドラゴンボール超』新ED主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

LACCO TOWERが2016年2月3日に1stシングル「薄紅(うすべに)」をリリースすることを発表した。

「薄紅(うすべに)」はフジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』のエンディング主題歌(2016年1月10日放送分から)のために書き下ろされたもの。作詞を担当したVocalの松川ケイスケは、「紛れもない最高傑作です。最強のアニメのエンディングテーマに恥じないバンドであるように、また僕等も修行を続けます。」と強い決意表明とも言えるコメントを寄せている。

来年2月のシングルリリース後には、2月11日に 渋谷TSUTAYA O-EAST、2月27日には大阪Music Club JANUSという東京・大阪でのワンマンライブ、さらに4月30日と5月1日は今回で3 回目を迎えるLACCO TOWER主催による地元群馬でのロックフェス『I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER』の開催が決まっており、2016年はさらにスケールアップしたLACCO TOWERの活動が期待される。

【LACCO TOWER 松川ケイスケ(Vo) コメント】
まるでドラゴンボールを7つ揃えたかのように、願いが一つ叶いました。
幼少の頃、マンガといえば「ドラゴンボール」。人生最初の英雄は「孫悟空」。いつか本当に出るんじゃないかと思って何度も練習した「かめはめ波」。フリーザが変身した時は第1形態ですでに興奮最高潮。超サイヤ人になりたくてずーっと力を溜めてみたり。

僕を含め多くの人が、同じようにこんな道を歩いてきたんじゃないかと思います。

そんな壮大な思い入れのあるアニメのエンディングテーマに、今回ありがたくもLACCO TOWERのニューシングル「薄紅」が抜擢されました。
今までのバンド人生の中でこれほど嬉しかった事はありません。

強靭な敵と出会い、たとえ負けても修行を繰り返し、また立ち向かい、ついには撃破する。
今思えば日々孫悟空のような戦いを繰り返している僕らに、ドラゴンボールはいろんな事を教えてくれている気がします。
そして今なお進化を続けるドラゴンボールのように、今回僕等も今までの自分たちを「超」える作品を用意することが出来ました。

紛れもない最高傑作です。
最強のアニメのエンディングテーマに恥じないバンドであるように、また僕等も修行を続けます。是非この機会に、LACCO TOWERに、そして「薄紅」に触れてみてください。

シングル「薄紅」
2015年2月3日発売
COCA-17099/¥1,200+税
<収録曲>
1. 薄紅(うすべに)
※フジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』エンディング主題歌
2. 奇々怪々(ききかいかい)
3. 灯源(らんぷ)(Re-Recording)
4. 薄紅(うすべに) -Instrumental-
5. 奇々怪々(ききかいかい) -Instrumental-
6. 灯源(らんぷ)(Re-Recording)-Instrumental-

【ライブ情報】
『LACCO TOWER年忘れワンマンライブ2015「みんなが選曲 LTS82総選挙」』
12月26日(土) 渋谷TSUTAYA O-Crest(SOLD OUT)
12月27日(日) 渋谷TSUTAYA O-Crest(SOLD OUT)
渋谷TSUTAYA O-Crest(SOLD OUT)

『LACCO TOWERワンマンライブ「独奏演奏会」』
2月11日(木・祝) 渋谷TSUTAYA O-EAST
2月27日(土) 大阪Music Club JANUS

『I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER』
【超故郷編】 
4月30日(土) 群馬音楽センター
出演:LACCO TOWER/Ivy to Fraudulent Game/KAKASHI/SECRET SERVICE/秀吉/Mississippi Duck Festival/LILY/more
【盟友篇】 
5月01日(日) 群馬音楽センター
出演:LACCO TOWER/GOOD ON THE REEL/BRADIO/My Hair is Bad/Rhythmic Toy World/and more

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP