ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

LACCO TOWER、メジャー1stシングル「薄紅」がアニメ「ドラゴンボール超」EDに

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
LACCO TOWER、メジャー1stシングル「薄紅」がアニメ「ドラゴンボール超」EDに

6月17日にアルバム「非幸福論」にて日本コロムビア/トライアドレーベルよりメジャーデビューし、7月から11月まで5ヶ月間にわたり、全国ツアー「感幸旅行」を展開してきたLACCO TOWERが、来年2016年2月3日にメジャー1stシングル「薄紅(うすべに)」をリリースすることが発表された。

同楽曲は、フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」のエンディング主題歌(2016年1月10日放送分から)のために書き下ろされたもので、作詞を担当したVocalの松川ケイスケは、「紛れもない最高傑作です。最強のアニメのエンディングテーマに恥じないバンドであるように、また僕等も修行を続けます」と強い決意表明とも言えるコメントを寄せている。

このシングルリリース後には、2月11日渋谷TSUTAYA O-EAST、2月27日大阪Music Club JANUSという東京・大阪でのワンマンライブ、そして4月30日、5月1日は今回で3回目を迎えるLACCO TOWER主催による地元群馬でのロックフェス「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER」の開催が決まっており、2016年はさらにスケールアップしたLACCO TOWERの活動が期待される。

LACCO TOWER Vo. 松川ケイスケ コメント
まるでドラゴンボールを7つ揃えたかのように、願いが一つ叶いました。
幼少の頃、マンガといえば「ドラゴンボール」。人生最初の英雄は「孫悟空」。いつか本当に出るんじゃないかと思って何度も練習した「かめはめ波」。フリーザが変身した時は第1形態ですでに興奮最高潮。超サイヤ人になりたくてずーっと力を溜めてみたり。

僕を含め多くの人が、同じようにこんな道を歩いてきたんじゃないかと思います。

そんな壮大な思い入れのあるアニメのエンディングテーマに、今回ありがたくもLACCO TOWERのニューシングル「薄紅」が抜擢されました。
今までのバンド人生の中でこれほど嬉しかった事はありません。

強靭な敵と出会い、たとえ負けても修行を繰り返し、また立ち向かい、ついには撃破する。
今思えば日々孫悟空のような戦いを繰り返している僕らに、ドラゴンボールはいろんな事を教えてくれている気がします。
そして今なお進化を続けるドラゴンボールのように、今回僕等も今までの自分たちを「超」える作品を用意することが出来ました。

紛れもない最高傑作です。
最強のアニメのエンディングテーマに恥じないバンドであるように、また僕等も修行を続けます。是非この機会に、LACCO TOWERに、そして「薄紅」に触れてみてください。

リリース情報
シングル「薄紅」
2015年2月3日(水)発売
COCA-17099 1,200円+税

収録楽曲
1. 薄紅(うすべに)
2. 奇々怪々(ききかいかい)
3. 灯源(らんぷ)(Re-Recording)
4. 薄紅(うすべに)–Instrumental-
5. 奇々怪々(ききかいかい)–Instrumental-
6. 灯源(らんぷ)(Re-Recording)-Instrumental-
全作詞:松川ケイスケ/作曲・編曲:LACCO TOWER
※薄紅…フジテレビ系TVアニメ「ドラゴンボール超」エンディング主題歌

番組情報
アニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」
フジテレビほか毎週(日)午前9時〜9時30分
※地域により放送時間・曜日が異なる。
出演:野沢雅子(孫悟空・孫悟飯・孫悟天役)ほか
原作・ストーリー&キャラクター原案:鳥山 明
制作:フジテレビ・読売広告社・東映アニメーション
公式:http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/
公式twitter:@DB_super2015

関連リンク

LACCO TOWER オフィシャルサイト:http://laccotower.com
LACCO TOWER(コロムビアサイト):http://columbia.jp/artist-info/laccotower/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。