体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全米年間アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『1989』が堂々の1位、2年連続の年間TOP3入り

エンタメ
【全米年間アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『1989』が堂々の1位、2年連続の年間TOP3入り

 アルバムから5曲のTOP10ヒットを送り込んだ、テイラー・スウィフトの5thアルバム『1989』が、2015年の年間アルバム・チャート首位に輝いた。

 初動枚数120万枚を突破し、昨年(2014年)の年間アルバムチャート3位にランクインしたにもかかわらず、今年に入っても上位を独占し続け、2年連続の年間TOP3入りを果たした『1989』。アルバムからは、「シェイク・イット・オフ~きにしてなんかいられないっ!!」、「ブランク・スペース」、「バッド・ブラッド」がNo.1に輝き、「スタイル」、「ワイルデスト・ドリームス」もTOP10入りを果たしている。昨年の10月最終週にリリースされた本作だが、昨年の集計分だけでも200万枚を突破し、今年は通算300万枚近くを売り上げ、2位と100万枚近く差をつけての首位獲得となった。アメリカだけで540万枚、ワールドセールスは860万枚を突破している。

 2位のエド・シーランと、3位のサム・スミスは、両者とも2014年リリースのアルバムだが、今年初頭に開催された、第57回グラミー賞のノミネートを受け、春から大ヒットを記録したアルバムだ。エド・シーランの『x(マルティプライ)』は、累計170万枚を突破し、本国UKでは240万枚、カナダでもミリオンを達成している。アルバムからは「シンキング・アウト・ラウド」が、年間チャートで同2位をマークする大ヒットを記録、その他3曲のTOP10ヒットを輩出している。

 3位のサム・スミス『イン・ザ・ロンリー・アワー』は、アメリカ、UKともに累計枚数200万枚を突破し、ワールド・セールスは、テイラーに匹敵する850万枚を記録した。トータル・セールスはサムの方が勝っているが、今年に入ってからの売上枚数で集計すると、エド・シーランが若干数上回っていたという結果になる。昨年の年間チャートで10位にランクインした「ステイ・ウィズ・ミー ~そばにいてほしい」は、今年に入ってからもヒットを記録し、年間チャートでも58位に食い込んでいる。

 また、グラミー賞の効果を受けてヒットを記録したのは、首位のテイラー・スウィフトや、5位にランクインしている、メーガン・トレイナーのデビュー作『タイトル』もそうだろう。メーガンは、昨年大ヒットを記録したデビュー曲「オール・アバウト・ザット・ベース~わたしのぽちゃティブ宣言!」に続く2ndシングル「リップス・アー・ムーヴィン」がスマッシュ・ヒットを記録し、年間チャートでは22位にランクインした。

 そのグラミー一派を一掃するかの如く、2月のチャートを荒らしたドレイクのミックステープ・アルバム『イフ・ユア・リーディング・ディス・イッツ・トゥ・レイト』は、見事4位にランクイン。本作は正式なスタジオ・アルバムではないため、大々的なプロモーションもなく、急遽ダウンロードが開始された話題作だったが、配信のみで初動枚数50万枚を突破し、ドレイクのネームバリューの強さを物語った。時代は以降し、大手レコード会社の手を借りずとも、ストリーミングやSNSなどを通じて、大ヒットできる時代ということを、照明したアルバムでもある。

 ラップ界からは、ドレイクのほかに7位にニッキー・ミナージュの『ザ・ピンクプリント』、8位にJ・コールの3rdアルバム『2014フォレスト・ヒルズ・ドライヴ』がランクインを果たし、TOP10以下ではケンドリック・ラマーの『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』が16位、ミーク・ミルの『ドリームス・ワース・モア・ザン・マネー』が20位にランクインするなど、今年を彩ったラップ・アルバムが揃っている。年間シングル・チャート3位をマークした、ウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン(feat. チャーリー・プース)」含む、『ワイルドスピード スカイミッション』のサントラ盤も、19位にランクインを果たし、シングル、アルバム共に、ラップ・タイトルが強かった1年だった結果を示した。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会