ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SCANDAL 新しいヘアスタイルでツアー開幕&初のドキュメンタリー発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2015年世界9か国41公演をまわる初の単独ワールドツアーを大成功させる等、世界に活動を広げるSCANDAL。初の東名阪アリーナツアー【SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」】が、12月9日 TOMOMI(b,vo)の故郷・神戸ワールド記念ホール公演からスタートした。

 今回の東名阪アリーナツアーは4万人を動員し、ツアータイトルを【SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」】と銘打ち、メンバー自身も「ワールドツアーから成長して帰ってきたSCANDALの等身大のパフォーマンスを観てもらいたい!」と意気込んでおり、舞台も衣装も至ってシンプル。ロンドンオリンピックの開会式/閉会式や、ローリング・ストーンズ、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーなど数多くのビックアーティストのステージを手掛けてきた世界的照明演出家 パトリック・ウッドロフが手掛ける照明に、バンドとして成長し続けるSCANDALの迫力あるパフォーマンスが映える圧巻のステージとなっている。

 神戸公演では、メンバーが新しいヘアスタイルで登場。HARUNA(vo,g)がプラチナブロンドの眉毛上に切られた前髪姿で登場すると、会場からはたくさんの「可愛い!!!」との声が。MAMI(g,vo)は4年ぶりに黒髪を披露し、「久しぶりに黒髪になりました。黒髪のほうが逆に目立つね!」と今までのオレンジやブルーなど奇抜な髪色とは異なる黒髪の魅力を語った。RINA(dr,vo)は初めてパープルの髪色を披露。「パンクに生きようと思って!(笑)」と笑いを誘い、さらに濃いピンク色の髪色になったTOMOMIが「お風呂場が大変です…! ホテルに迷惑かけています(笑)」と“奇抜な髪色あるある”で会場を和ませた。

 また、今年10月にロングラン上映となったSCANDAL初のドキュメンタリー映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』の主題歌「ちいさなほのお」も初披露。劇場で映画を観た人しか手に入れられなかった同曲がライブで演奏されると大歓声が起き、メロディックで壮大なバラードに観客たちは酔いしれた。

 そしてアンコールでは、HARUNA(vo,g)から「SCANDALからのクリスマスプレゼントになれば…と思って」と、映画『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』が待望のDVD&Blu-ray化されたことも発表され、2週間後の2015年12月23日に発売されることが発表された。今年5か月におよぶ初の単独ワールドツアーの中から海外公演の完全密着が収められた作品で、“再び観たい!”というリクエストや期間限定のため見逃したファンからの多くの声を受け映像化が急遽決定となった。

 また、メキシコ、チリ、ペルーなど中南米の映画館でも12月12日から上映が決定しており、世界的にも注目度の高い作品となっている。

◎DVD&Blu-ray『SCANDAL “Documentary film「HELLO WORLD」”』
2015/12/23 RELEASE
DVD ESBL-2425 4,500(tax in)
Blu-ray ESXL-76 5,500(tax in)
収録内容:
PROLOGUE
PARIS, FRANCE
LONDON, UK
ESSEN, GERMANY
SENTOSA, SINGAPORE
TAIPEI, TAIWAN
CHICAGO, USA
MEXICO CITY, MEXICO
CALIFORNIA, USA
HONG KONG, CHINA
EPILOGUE
特典映像:
新曲「ちいさなほのお」ミュージックビデオ
※SCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」ライブ会場限定で、上記作品をお買い上げ頂いた方の中から抽選で「SCANDAL劇場特大サイズサイン入りポスター」プレゼント!

関連記事リンク(外部サイト)

SCANDAL 完全密着ドキュメント映画に言及「いつもならカットするところも勇気を出して入れたりしています」
SCANDAL 感動ニャンダフルストーリー『猫なんかよんでもこない。』主題歌担当&コメント到着
『J-MELO』10周年記念本 May J./HYDE/SCANDAL/the GazettE/モーニング娘。’15等インタビューや小室哲哉&つんく♂プロデューサー対談も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP