ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

指先1つで印刷できる!とにかく使いやすい家庭用3Dプリンター「Skriware」に注目

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ1、2年で、急激に進化している、3Dプリンター。家庭で使える製品も、ちらほら登場し、ぐっと身近になった感がある。

ここでもさまざまなプロダクトを紹介してきたが、使いやすさという点で、これは群を抜いているだろう。

ポーランドで開発された「Skriware」。驚くほど簡単な操作で利用できる、家族のための3Dプリンターである。

・誰でも使えるシンプルさがウリ

本製品における開発チームの目標は、“できるだけ簡単で、操作を直感的にすること”。「Skriware」では老若男女問わず、誰でも使えるシンプルな設計をめざしたという。

タッチスクリーンを採用し、操作を単純化。指先1つで、3Dプリントに必要なコマンドを出せるところがポイントだ。

・専用のプラットフォームで手軽に3D印刷

さらにスゴイのは、3Dプリント用のオンラインプラットフォームがあること。

ここから好きなオブジェクトを選び、“Print now”をクリックすれば、あとはすべて機械任せ。完成するまで、のんびりと横で待っていればいい。

自分のデザインをプラットフォームに加えることも、もちろん可能。オープンソースとして他の人に提供できるのも、この製品の称賛すべき点だ。

他にも、プリントエリアを広めにとったり、完成品をはがしやすくするために印刷台をマグネット式にするなど、さまざまな工夫が成されている。

現在、Kickstarterで着々と支持者を集めている「Skriware」。プロジェクト公開は、2016年1月19日まで。支援は、899ドル(約11万円)から受け付けている。

Skriware/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP