ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

悪口で絶対に踏み込んではいけない領域は「人格」「育ち」など

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ほめられたものではないにしても、悪口はなかなかやめられないもの。「そもそも、女性の脳は悪口を言うようにできています」とは精神科医の高木希奈さん。

 男性ホルモン・アンドロゲンは言語能力を司る左脳の発達を抑える。逆に言えば、アンドロゲンが少ない女性は左脳が発達しているため、気持ちを言葉に表すことがうまい。

「女性は不満を悪口としてうまく言語化できてしまうため、自然と悪口を言う“習性”があるんです」(高木さん)

 つまり、習性を我慢すればストレスを抱えることになってしまう。だったらいっそ悪口を言って、ストレスを発散したほうが健康的なのでは? ただし、ひとたび間違えれば人間関係が壊れ、それこそ大きなストレスの源になる。そこで正しい悪口の言い方、聞き方を考察する。

 悪口を言う時、多くの人が、ママ友の話題なら、ママ友仲間にといった具合に、同じコミュニティーの人に話してしまいがち。その方が、相手との関係性や性格などを説明することなく、安易に同意と満足感が得られるからだ。

「それはあまりにも危険です。職場の仲間にママ友、家族など、女性はつきあいのあるコミュニティーが多彩。それを生かさない手はありません!」(高木さん)

 ママ友の悪口を言うなら、職場でなど、コミュニティーを使い分けるのが鉄則。同じコミュニティー内ではトラブルの種に。静岡県のパート主婦Nさん(34才)はこう話す。

「悪口を聞いてもらっていた職場の同僚が、ママ友の同級生だと判明。コミュニティーが違っても、どこでつながっているかわからないので、年代の違う人に話すようになりました」

 コミュニティーが違えばいいだけではなく、各コミュニティーが完全に断絶していないと意味がないので要注意。

「いちばん確実なのは、主婦同士のコミュニティーで、夫の悪口を言うこと。誰も傷つかないのでおすすめです」(精神科医・和田秀樹さん)

 悪口の話題には、踏み込んではいけない領域がある。絶対に避けたいのは人格や育ちにかかわる悪口だ。

「育てられた家庭環境や人格は、自分ではどうしようもありません。今さら自力で直しようもないことは、万が一、相手に知られた時、決定的に傷つける可能性があるうえ、自分の人間性を疑われることになるのでやめましょう」(高木さん)

 こういった悪口は“いじめ”にもなりかねない。そこを判断する品位と客観性も必要だ。 また、自分のことを棚に上げた悪口はいただけない。愛知県の主婦Iさん(41才)はこう笑う。

「横綱並に立派な体格の近所のママ。ぽっちゃりしたママ友に『あの人最近、丸くなったんじゃない? クリスマスにはダイエット食品でも差し上げようかしら』なんて言うもんだから、その場の誰もが、心の中で『お前が言うな!』って、突っ込みを入れていました」

 わが身を振り返らない悪口は、逆に非難の的になり、自分が惨めになるケースも。ではどんな悪口を言えばいいのか。

「夫がケチ」「姑の干渉がウザい」といった愚痴のような悪口や「時間やお金にルーズ」「口が軽い」など、気をつければ直せる欠点を悪口で言うのは、改善につながることもあるのでおすすめ。

「もし万が一、本人の耳に届いても『ああ、確かに私にはそういうところがあるかもしれない』と思えるものであった方がいいですね」(高木さん)

※女性セブン2015年12月24日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
最近の若者に欠けているコミュ力について劇作家が解説した本
仮設住宅入居進み“買い物代行ボランティア”のニーズ発生
からだのふしぎ大冒険 鼻水・大便・屁などで体の仕組み学ぶ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP