ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スウェーデンの長い冬はこれでビタミン補給! 伝統的な果実の濃縮シロップ、「サフト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデンの自家製飲料に、ベリーで作る「サフト」という果実濃縮シロップがあります。ビタミンCがたっぷりで健康に良く、水で割って飲んだり料理やデザートのソースにしたりと、使い方は様々。「自然享受権」があるので、誰でも自由に森に入ってベリーを摘むことが出来、北欧ならではの自然の楽しみ方も体験できます。

ベリーがたっぷりのスウェーデンの自家製飲料!

出典:http://www.lthforum.com/bb/viewtopic.php?p=77406

ベリーが豊富なスウェーデンでは、ベリージュースが作られます。 スモーランドのBさんのところでも、手作りの vinbär(カラント)saftをいただいたっけ。

出典:http://sverige.blog53.fc2.com/blog-entry-117.html

ビタミン豊富な「サフト」とは?

出典:https://meadsinsweden.wordpress.com/2008/09/page/2/

スウェーデンのお母さんが摘んできたベリーでこしらえる代表的なものに『サフト』という濃縮シロップがあります。夏になると、スウェーデンのお母さんたちは庭や森のベ リーを摘んで、家族のためにサフト作りに精を出すのだそう。ベリーの他にもエルダーフラワー、りんご、モミの木の新芽など、どんな素材を使ってもいいため、サフトの味は家庭によって異なります。ベリーにはたっぷりビタミンCが含まれているので、とても健康的なんですよ。

出典:http://www.club-efc.com/?p=21

サフト(Saft)とは、スウェーデンの伝統的な果実濃縮シロップ。日本のカルピスのように、”原液を水で薄めて飲む”ものです。元々は長い冬に備えた、ビタミン補給のために生まれた保存食で、主に果物やベリーを、水と砂糖で煮込む製法で作られます。

出典:http://moasblogg.blogspot.jp/2010_08_01_archive.html

美味しそうなカラントの実。

出典:https://sofiahomestead.wordpress.com/category/plantings/

出来上がったものは濃縮された状態なので、飲む時には水や炭酸水で薄めてから飲みます。ほどよい酸味があり、爽やかな口当たりです!

出典:http://roots-in-sweden.blogspot.jp/2009_11_01_archive.html

主に家庭で手作りされ、飲む他には、ヨーグルトにかけたり料理に使ったり、楽しみ方は幅広くあり、瓶に入れて保存食にもなります。

豊かな自然がいっぱいの北欧最大の国、スウェーデン

出典:http://www.jsonline.com/features/travel/swedens-west-coast-islands-seaside-villages-a-natural-delight-b99444075z1-304711931.html

北欧最大の国、スウェーデン。国土のおよそ半分が森林に覆われており、約9万もの湖沼があるそうです。スウェーデンには「自然享受権(アッレマンスレット)」というものがあり、一定のマナーを守れば、誰の土地でも自由に入ることが出来ます。

出典:http://blogs.elle.co.jp/sugiura/2009/10/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%81%A8%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC/

日本では私有地でキノコを採ったり、テントを張って泊まることなど考えられないですよね。スウェーデンではそれが可能です。宅地や畑などに近づかなければ、誰の所有地であっても自由に入って自然を楽しむことが認められているのです。自然の恩恵を共有する、という北欧独特の考え方はどのように培われてきたのでしょうか?自然を共有して楽しむ、それは言い換えれば自然を守るためのマナーが行き届いている結果でもあります。自由に立ち入ることができる権利は、同時に責任をもって環境を守っていくことが義務だと考えています。スウェーデンの人々にはこうした自然保護に対する理解がしっかりと根付いているのです。 そのために子供の頃から環境に対する意識を高めるための教育をしています。森に入って植物や虫に触れるなどの体験を通し、遊びながら自然に興味を持って森を汚さないためのルールを学ぶのです。

出典:http://www.electrolux.co.jp/inspiration/features/quick-trends1/sweden/1/

出典:http://www.thelocal.se/20150130/how-to-make-swedish-mushroom-tart

もちろん、入場料などは必要ありません。野生のベリーやキノコなどを採っても良く、森で過ごすということは、スウェーデンの人々にとっては日常のようなもの。スウェーデンには、「自然はみんなのもの」という考え方が根付いているのです。

出典:http://blogs.elle.co.jp/sugiura/2009/10/%E3%82%AD%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%81%A8%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AA%E3%83%BC/

ラズベリーやブラックベリーなど、色々な種類のベリーが採れます!

スウェーデンの自然の恵みで作られるサフト!

出典:http://springtreeroad.typepad.com/springtreeroad/2008/08/making-saft-pt-1.html

作り方はスウェーデンらしく、とってもシンプル。夏に採れたたっぷりのベリーや果実と、たっぷりのお砂糖、レモンを水に入れて沸騰するまで煮ます。あまりぐつぐつ沸騰させずに、アクが出てきたらこまめにすくい取るのがポイントのようです。

出典:http://kornmalt.blogspot.jp/2013/07/idag-ar-det-min-alskade-fru-som-gastar.html

それから一旦火を止めて、30分程放置して冷まします。これでおわりです!

出典:http://springtreeroad.typepad.com/springtreeroad/2008/08/making-saft-pt-1.html

出来上がったものは瓶に入れて、冷蔵庫で長期保存することが可能です!

スウェーデンのカフェでも味わうことが出来ます!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10545385

友達に勧められて飲んだのは”サフト”というスウェーデンオリジナルのジュース。これは濃縮還元されていない、オーガニックな飲み物だそう。私は珍しいのでルバーブのサフト。二人はりんごとブルーベリー。ルバーブはちょっと酸味があって、クセのない飲みやすい味。でもブルーベリーは今までに味わったことがないほどのおいしさ!!カフェなどではよく見かけるので、一度は飲んでみるのをお勧めします。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10545385

出典:https://plottingforindependence.wordpress.com/category/edible-plants/

ホットで飲んでも、とてもおいしいですよ!スウェーデンに行ったら森に入ってベリーを摘み、サフト作りを体験してみたいですね!

筆者による他の関連記事へのリンク

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144792003995131601/4bb41769534dc19f419a807fdb3b25f7.jpg?size=pict160_160

スウェーデンの人々の死生観の具現化。美しい松林の中にあるストックホルムの「森の墓地」

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144792003995131601

1900年代初頭、ストックホルムに新しい墓地が必要となり、二人の建築家によって「森の墓地」は作られました。長い年月をかけて完成したこの墓地は近代建築史に残る傑作。1994年には世界遺産に登録されました。ストックホルムの中心から地下鉄で十数分の地にあるそこは、穏やかで神聖、厳かな空気をまとっています。

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144457291941229401/a0a753644219e3cdafd6917a537e41bc.jpg?size=pict160_160

スーパーフード「アサイー」の故郷 ブラジル連邦共和国の港町ベレンでその味を楽しもう!

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144457291941229401

現在でもスーパーフードととして人気のブラジルのフルーツ「アサイー」。ポリフェノールや鉄分、ビタミン類など、美容・健康にいいたくさんの成分を含み、その豊富な栄養素から「奇跡のフルーツ」とも呼ばれています。今回はそのアサイーの故郷であるブラジル パラ—州のベレン市についてご紹介します!

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144457321393870601/42e55552b129eb54bbb695b440532a65.jpg?size=pict160_160

チーズをチーズで包む! とろとろの食感がたまらない「ブッラータ」を本場イタリアで食す!

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144457321393870601

モッツァレラチーズでできた袋の中に半生クリームを閉じ込めたチーズ、「ブッラータ」。ナイフを入れると中からとろとろの濃厚なクリームが溢れ出ます! 賞味期限は24時間以内、イタリアでしか味わえない 一度食べると病みつきにになるその美味しさをご紹介します!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP