ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スウェーデン最大の島の中心都市! 「バラの都」と呼ばれる美しい町、ヴィスビー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バルト海に浮かぶスウェーデン最大の島「ゴットランド島」。その中心都市である「ヴィスビー」は、中世にはハンザ同盟の重要な貿易の中心として発展していた町で、当時の町並みなどが現在に至るまで保存されており、1995年には世界文化遺産に登録されました。「バラの都」と呼ばれる美しいヴィスビーをご紹介します!

オレンジの屋根が並ぶ、中世の風香る可愛らしい町!

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

世界遺産の街 港から町に入っていくと上り坂です。坂を登って一番上がサンタ・マリア大聖堂。ヴィスビーの町の煉瓦色の屋根を見下ろすことができます。坂を下りて、歩いて行くと石畳の残る道に出ました。黄色やピンク色の家が続いているきれいな街並みです。

出典:http://4travel.jp/overseas/area/europe/sweden/gotland_island/kankospot/10263198/tips/#contents_inner

出典:http://www.gotland.net/plats/visby-domkyrka

サンタ・マリア大聖堂

バルト海に浮かぶ、スウェーデン最大の島の中心都市、「ヴィスビー」。中世にはハンザ同盟の重要な貿易の中心として発展したこの地は、当時の町並みや城壁が現在に至るまで保存されており、1995年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

ゴッドランド島の中心都市、「バラの都」と呼ばれるヴィスビー

出典:http://4travel.jp/travelogue/10692203

ゴットランド島へのアクセスは、フェリーか飛行機のみ。時間に余裕があったので私はフェリーでのんびり行きました。ストックホルムの中心部から電車で港のあるニネスハムンへ約1時間半、ニネスハムンから大型フェリーで3時間。けっこう遠いです。高速船があればいいと思いましたが、地元の人はほとんど車で乗り込んでいるため、フェリーのほうが需要があるようです。港から眺める町並みは、おもちゃ箱のように色とりどりでかわいらしいものでした。魔女の宅急便の街のモデルとなったというのも納得できます。ヴィスビーの旧市街は城壁で囲まれた小さいエリアなので、1日あれば十分見て回れると思います。

出典:http://4travel.jp/overseas/area/europe/sweden/gotland_island/kankospot/10263198/

出典:http://www.visitsweden.com/sweden/Local-pages/USA/Gotland-in-New-York/What-to-See-and-Do/

スウェーデンの最大の島、ゴットランド島(Gotland)。この島は北欧有数のリゾート地と知られ、たくさんの観光客でにぎわいます。その中心都市である「ヴィスビー(visby)」は、12世から15世紀にはハンザ同盟の貿易港して栄え、ヨーロッパ各地を結ぶ重要な中継地としての役割を果たしていました。

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

ハンザ同盟とは、中世後期に北ドイツを中心に、バルト海沿岸地域の貿易を独占し、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟のことを言います。

中心都市ヴィスビーは全周3.5kmの城壁に囲まれ、中世ハンザ都市の特徴をよく伝える街並みとして、ユネスコ世界遺産にも登録されています。魔女の宅急便で主人公が暮らす街も、ここがモデルとなったそうですよ♪ 街の至るところに咲く薔薇と教会の廃墟、赤い屋根の家々が印象に残る、とても素晴らしい街でした。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10591254

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

町の家々にはバラの花がたくさん咲いており、「バラの都」と呼ばれているヴィスビーの可愛らしい光景を見ることが出来ます!

ヴィスビーのシンボル、「サンタ・マリア大聖堂」

出典:http://4travel.jp/travelogue/10591254

サンタ・マリア大聖堂(Domkyrka Santa Maria)ハンザ同盟の繁栄していた時期、1225年に創建された大聖堂は、城壁内に17あった教会のうち、唯一現在でも活動を続けているものです。高く聳える塔の上部だけ黒くなっていて、島のランドマーク的な存在です。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10591254

出典:http://www.gotland.net/plats/visby-domkyrka

入場料はなく、誰でも自由に入ることが出来ます。大聖堂の脇にある階段を登ると、赤い屋根の家並みを一望することが出来、ところどころに見える廃墟も絵になります。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10591254

大聖堂の中

6世紀に入るとハンザ同盟の勢力が衰退しはじめ、ゴットランド島はリューベックからの攻撃を受けたといわれます。他の教会が破壊され廃墟となる中、こちらの大聖堂はもともとドイツ商人のために建てられた故か、破壊を免れたのでしょう…。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10591254

出典:http://www.gotland.net/plats/visby-domkyrka

冬に見る大聖堂も幻想的です…。

Gotlands officiella turistbyrå

http://gotland.com/

ゴットランド島の公式ホームページです。

一番の見どころはその絵本のような町並み!

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

街を歩いていて色がたくさんあったと思っても、上から眺めるとオレンジ~赤褐色の屋根が多く、綺麗に色が統一されているように見えました。

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

出典:http://4travel.jp/travelogue/10925956

ヴィスビーのインフォメーションです!ここで地図をもらえます。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10925956

海のそば、世界遺産にもなった城壁の囲むVisby(ヴィスビー)の街。丘のような地形に並ぶ、古い石や土壁の家が並びます。床に敷き詰められたデコボコの石畳。ふとした街の合間から、遠く広がる海の見えるとても心地の良い街です。

出典:http://www.kitanosumaisekkeisha.com/shop/event/gotland/gotland.html

出典:http://jp.venere.com/ho338510/suu-eden/vu-isubi/besutou-esutan-soruhemu-hoteru/

出典:http://hyggelig-news.com/2012/05/13/1206/

海と空とのコントラストがとても綺麗で、ちょっと北欧っぽくない島です。なんとなくイタリアのような雰囲気?高台から見える風景はとても綺麗です。ビーチには若者が沢山いて賑わっていますが、街中はとても静か、新市街には便利なショッピング街もあります

出典:http://4travel.jp/search/review/os?breadcrumb_id=5623&sa=%A5%B4%A5%C3%A5%C8%A5%E9%A5%F3%A5%C9%C5%E7

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

雑貨屋さんも多く、どのお店もセンス抜群!

出典:http://instagify.com/user/sachik0f/1369820217

のんびりと過ごす人々。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

バラが咲いてる~!!ほんまやー!バラの町ヴィスビーやー!!

出典:http://fangadagen.exblog.jp/13579028/

出典:http://4travel.jp/travelogue/10180593

出典:http://fangadagen.exblog.jp/13579028/

どのお家の玄関もバラがキレイで超絶可愛かったです

出典:http://instagify.com/user/sachik0f/1369820217

出典:http://4travel.jp/travelogue/10176332

民家の前に羊のオブジェがありました。後になってこのようなオブジェがいたるところにあるのを目の当たりにしました。どうも羊は町のシンボル的な存在らしい。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10176332

出典:http://4travel.jp/travelogue/10591254

本当に色々なところに羊のオブジェがあります!みんな同じ佇まいですが、思わず写真を撮りたくなりますね。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10925956

7~8時間程この街にいたのですがあっという間でした。もう一度来たらまた違う楽しみ方が出来ると思いました。鮮やかなお花や木、カラフルなお家、お洒落なお店やカフェ、歴史ある教会や廃墟、どれも本当に素敵です。大切な人にもおすすめ出来るような街、心から楽しめました。

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

出典:http://4travel.jp/travelogue/11038488

可愛らしいレストラン!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

日が暮れて明かりの灯るこちらのレストランも素敵です!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

21時半のヴィスビーの空。

夏のスウェーデンは一日中太陽が沈まず、夜の12時を過ぎても空が真っ暗にならない「白夜」が続くので、夜になってもこんなに明るいのです。

夏が美しいと言われるヴィスビーですが、冬の魅力もいっぱいあります!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10950469

出典:http://alexander-nordfors.blogspot.jp/

出典:http://4travel.jp/travelogue/10950469

夏は玄関先が薔薇で溢れる人気の路地。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10815327

キキが寝泊まりしていたパン屋の裏・・・のよういたるところでここそうじゃないかなと思わせる景色の連続。

出典:http://4travel.jp/travelogue/10815327

出典:http://4travel.jp/travelogue/10950469

この町で白く染まる息は、尚更ドラマチックになりそうですね。

出典:http://alexander-nordfors.blogspot.jp/

首都ストックホルムから約45分! ゴットランド島へ行こう!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10815327

ストックホルムからビスビューまでは飛行機?ジェット機で行きます。日本から到着したアーランダ空港ではなく、市内に近いブロンマ空港という所です。セントラル駅から約15分くらいのSpanga駅で下車。そこから空港行きのバスが出てます。約15~20分くらいで空港到着!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

ストックホルム(アーランダ空港、ブロンマ空港)からヴィスビーまでは飛行機で約45分。フェリーだと、ストックホルム近郊の町「ニネスハムン」から、約3時間で行けます。空港からヴィスビー市内まではタクシーで約10分ですが、徒歩だとしても約30分で到着します!

徒歩なら30分という情報だけ調べてたので、時間もあるし道よーわからんけど歩く事に決定☆脇道が自然いっぱいでとても素敵!

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

出典:http://4travel.jp/travelogue/10902029

町へ向かう途中にも、こんなにかわいい光景を見ることが出来ます!

出典:http://www.panoramio.com/photo/108287362

多くの観光客が訪れる、歴史と美しい自然で溢れるヴィスビーの町。スウェーデンの人々が「最も住んでみたい場所」に選ぶほどの、素晴らしい町です。中世の時代にタイムスリップしたかのようなヴィスビーに、一度訪れてみたいですね!

筆者による他の関連記事へのリンク

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144919840617475801/e1d8c646688b2e0d431875fb21194a6a.jpg?size=pict160_160

サンタさんに会いたい! フィンランド、ロヴァニエミにある「サンタクロース村」へ行こう!

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144919840617475801

フィンランド、ラップランドの州都のロヴァニエミにある「サンタクロース村」。ここには本物のサンタクロースがいて、私達に会えるのを待っています。記念撮影をしたり、村にある郵便局では、クリスマスシーズンに手紙が届くサービスもあり、世界中の人々から大人気! 今回はそんなクリスマス村についてご紹介します!

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144792003995131601/4bb41769534dc19f419a807fdb3b25f7.jpg?size=pict160_160

スウェーデンの人々の死生観の具現化。美しい松林の中にあるストックホルムの「森の墓地」

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144792003995131601

1900年代初頭、ストックホルムに新しい墓地が必要となり、二人の建築家によって「森の墓地」は作られました。長い年月をかけて完成したこの墓地は近代建築史に残る傑作。1994年には世界遺産に登録されました。ストックホルムの中心から地下鉄で十数分の地にあるそこは、穏やかで神聖、厳かな空気をまとっています。

画像出典:http://img.gathery.recruit-lifestyle.co.jp/s/article/1144828918248530601/d866033732d25228480702db3b569f70.jpg?size=pict160_160

素朴で美しい、何百年も変わらぬ風景。はちみつ色の家が建ち並ぶ、イングランドの「コッツウォルズ」へ

http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1144828918248530601

イングランド中央部に広がる、丘陵地帯の「コッツウォルズ (Cotswolds)」。 古い歴史を持ち、羊毛の交易で栄えていました。 点在する村や町には、古いイングランドの面影を残した、特徴的なはちみつ色をした家が建ち並び、その絵画のような景観は毎年多くの観光客を魅了します。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP