ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【学生必見】寒い冬にこそオススメしたい!『カフェ飲み』のすすめ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬は恋人や親しい友人とお酒を飲みながら仲を深めるのに持ってこいの季節。今回はそんなシチュエーションにぴったりの『カフェ飲み』と、カフェ飲みにぴったりなお酒も提供してくれるオシャレなカフェを京都を中心に紹介したいと思います。

バーはちょっと敷居が高い…

かぼす茶@kabosutyatya

フォローする

誰か行こって思ったけどbarとか敷居高そう 返信 リツイート お気に入り登録

2015.12.3 11:53

ゆっこ@yukko1188

フォローする

どなたか…都内のおすすめBARないですか(´;ω;`)?あまり敷居が高くない田舎者がキャッキャ出来そうな雰囲気いいところ… 返信 リツイート お気に入り登録

2015.11.25 15:20

バーに入ってはみたいものの、やはり学生や若者にとっては入ったことのないバーに入るのには勇気がいります…

niiiiino12/20高円寺ドム@shiara617_bot

フォローする

ふぇ〜、Barの料金相場がわからない。ちょっとしか頼んでないのになぜその料金?明細ないし。 返信 リツイート お気に入り登録

2015.4.2 22:11

チャージやサービス代など、注文したもの以外の部分でお金がかかり、会計時にびっくりさせられた経験を持つ人も多いのではないのでしょうか…。こういったバーや少し高めのお店の独特のシステムあまり馴染みがなかったり慣れていなかったりした場合、特にお金をそれほど持っていない若者にとっては痛い出費です。

そうだ、カフェ行こう

そこでオススメしたいのが今回紹介させていただく『カフェ飲み』!カフェの相場は高くても2000円程度。学生でもよく利用される人は多いのではないでしょうか。今日はそのカフェを夜に訪れて、気軽にしっぽりと、大切な人とオシャレな雰囲気の中でカクテルやビールやワイン、ビールなどを嗜んでみてはいかがでしょうか。下に筆者がオススメする夜営業も長めのお酒の飲めるオシャレなカフェを京都を中心にいくつか紹介したいと思います。

Cafe SARASA

出典:http://sp.raqmo.com/cafe-sarasa/

Cafe SARASA

京都の有名カフェさらさ。1984年に京都の町家から改装してカフェとして始まった歴史の深いカフェ。花遊小路店を始めとし西陣や麩屋町にも支店を構え、コーヒー焙煎店や焼き菓子工房など幅広い店舗を構える。

出典:http://sp.raqmo.com/cafe-sarasa/index.php?shop_id=2623&page_id=1

京都らしい昔ながらの店内は、どこか異国に迷い込んだかのような不思議さと、それでいて故郷に帰ったかのような懐かしさと安心感に包まれる独特の雰囲気を味わえる。

出典:http://sp.raqmo.com/cafe-sarasa/index.php?shop_id=2623&page_id=1

料理も和風、洋風、各国料理など多岐にわたり、どれも安定感のある美味しさでボリューム的にも満足できる。

出典:http://s.tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005388/dtlphotolst/P384601/?type=7

続いてドリンクメニュー。ノンアルコールメニューも豊富なのはもちろんのこと、アルコールメニューもなかなかに凝っていて楽しめる。写真はパンダと呼ばれるオリジナルカクテル。女性でも飲みやすくそれでいて度数も弱すぎずしっぽりと飲むのに最適。

出典:http://s.tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26005388/dtlphotolst/P45157822/?type=7

こちらはサングリアの赤と白。奥に見えるのはコーラ。サングリアはワインに果実をつけて熟成させたものである。ワインの風味を残しつつ果実の甘みやまろやかさが加わり飲みやすい。

CAFE SARASA

http://sp.raqmo.com/cafe-sarasa/

さらさ花遊小路営業時間 12:00〜23:30●昼ごはん 12:00〜15:00(日替わりランチ)●遅ごはん 15:00〜18:00●夜ごはん 18:00〜23:00●L.O 23:00■毎月最終水曜定休■京都市中京区新京極四条上がる中之町565‐13■TEL075-212-2310

ラジオカフェ

出典:http://radiocafe.jp/200310002/

ラジオカフェ

京都は三条にあるラジオカフェ。日本初の、市民が作り上げたNPOラジオ放送であり、放送料を払えば誰でも放送を行うことができる。カフェはオマケかといわれるとそうではなく、隠れ家的な店内の雰囲気から料理、ドリンクまでどれを取ってもレベルの高いカフェである。

出典:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000162/

ランチメニューから夜ご飯までリーズナブルで美味しい料理が味わえる。バランスのとれたものが多く、ヘルシー志向の方にもオススメ。もちろんお酒のつまみにもできる。

出典:http://myretty.com/area/PRE26/ARE108/SUB10904/100000740554/

さらにスイーツも充実。こちらは抹茶のチーズケーキ。意外な組み合わせに驚くかもしれないが、うまく抹茶とチーズケーキの味がマッチしていて飽きない美味しさがある。コーヒーやオリジナルのソイラテなどのドリンクと一緒に食べると最高。

出典:http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000162/

こちらはカシスオレンジ。他にもカクテルの種類やビールやワインなどもあるのでぜひ美味しいスイーツやおつまみと一緒に美味しいお酒を楽しんでほしい。

さあたん@テストデスマ終了@kogatansu

フォローする

ラジオカフェのこごはんおいしかった!ご飯の前に300円タイムやったからカシスワインソーダ飲んだんやけど、ほろ酔いやとごはんおいしいのはもちろん、ごはんを食べてるだけで幸せな気分になれた。お酒+普通のごはんてありかも。 返信 リツイート お気に入り登録

2011.10.6 20:37

「お酒+ご飯=幸せ」は真理ですね。

画像出典:http://radiocafe.jp/wp-content/themes/main/images/title.gif

FM79.7MHz京都三条ラジオカフェ

http://radiocafe.jp/cafe/

三条通御幸町角1928ビル1階電話: 075-229-7670時間: 11:30~22:00休日: 特定日以外は無休交通: 地下鉄東西線「京都市役所前駅」より南へ徒歩5分

アンデパンダン(Independants)

出典:http://s.tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000164/dtlphotolst/P31455432/

アンデパンダン(Independants)

ラジオカフェのすぐそば、三条御幸町にあるレトロな建物(実は旧毎日新聞社京都支店の建物)の地下にある。ランチから喫茶、お酒までなんでも揃う。定期的にライブや学生作成の映画上映などの催し物も行っている。

出典:http://moto-tentyo.seesaa.net/article/43809189.html

コーヒーや料理も一級品だがこのカフェの夜の顔はまた格別。レトロな店内のカウンターに並ぶたくさんのお酒。ここに座ってじっくりと夜を楽しんでみてはいかがだろうか。

画像出典:http://www.cafe-independants.com/wp-content/themes/sunrise/img/map.png

カフェアンデパンダン

http://www.cafe-independants.com

Cafe Independands -カフェアンデパンダン- では、コーヒーはもちろん食事からお酒まで1日を通して楽しめる空間をご用意しています。店名 : カフェアンデパンダン住所 : 京都府京都市中京区三条通り御幸町東入弁慶石町56 1928ビルB1FTEL : 075-255-4312営業時間 : 11:30~24:00

BON BON CAFE(ボンボンカフェ)

出典:http://chappychance8.blog.jp/archives/1014632637.html

ボンボンカフェ(BON BON CAFE)

出町柳駅からすぐ、鴨川に臨む最高立地に建つモダンな一軒家のカフェ。内装がとにかくオシャレで広い。テラス席や喫煙所もある。

出典:http://s.tabelog.com/kyoto/A2601/A260302/26016680/dtlphotolst/P28673558/

テラス席からの展望。市民の憩いの場、鴨川沿いの風景が心落ち着く。奥には五山の送り火で有名な大文字山が見える。毎年五山の送り火の日には人で溢れかえる。

出典:http://harahettanya.hamazo.tv/e4974682.html

そしてこの店の人気メニューがこちらフレンチトースト。フレンチトーストとは信じられないほどの柔らかさとくどすぎない甘さに絶句する。量的にもカフェ目的なら意外とこれ一つでも満足できる。しかもこのクオリティでなんと400円台という脅威のコストパフォーマンス。

出典:http://www.kyotodekuraso.com/s/p/1220

カウンターにはハイネケンビールや角ウイスキーに加え、ウォッカやカシスなどのリキュールも。いろいろなお酒を嗜んで、飽きることなく夜を楽しむことができること間違いなし。

BON BON CAFE住所京都市上京区河原町今出川東入加茂大橋西詰電話番号 075-213-8686最寄り駅出町柳駅から徒歩約2分営業時間11:00~23:00(L.O 22:00)定休日 無休

Garalley Cafe&Bar CoLLabo(コラボ)

出典:http://www.collabo-kyoto.com/

Garalley Cafe&Bar CoLLabo

三条にあるCafe&Bar CoLLabo(コラボ)。京都の夜カフェならまずここ!というほどのドリンクやコースの充実が売りである。

出典:http://www.hotpepper.jp/strJ000635896/photogallery/

上に紹介した数店舗とは趣向が異なり、小綺麗で少し上品な雰囲気のカフェ。たくさんの瓶が並ぶ素敵なカウンターでのお酒はデートにももってこい。

Gallery Cafe&Bar CoLLabo – Gallery Cafe&Bar CoLLabo

http://www.collabo-kyoto.com

京都・三条のギャラリーカフェ&バー。コラボは、アートと人の出会うカフェです。ADDRESS / 京都市中京区三条通高倉東入桝屋町53 DuceMixBUILDING 3FTEL.075-223-0660 OPEN 11:30 – 24:00 (Lo 23:30) 定休日 月曜日

この冬ハードロックカフェに世界一のカクテルが!

出典:https://www.instagram.com/p/9vo-mUhFDr/

Hard Rock CAFE(ハードロック カフェ)

全世界に店舗を構えるハードロックカフェ。アメリカンな雰囲気が人気でミュージックイベントなども盛ん。オリジナルグッズも多数取り揃えている。日本には京都にはないが、大阪はUSJ内を含め二つの店舗を持っており、東京、横浜、福岡と全国に展開している。

ハードロックカフェが世界規模で毎年開催している”ハード ロックカフェのバーテンダー世界No.1“ を決める大会。厳しい予選を勝ち抜き、2015年1月にメキシコ・リビエラマヤで実施された世界大会に、北アジア代表として参加した、上野駅東京店のバーテンダー「後藤 一輝」が、見事世界チャンピオンに輝きました。それを記念し、「後藤 一輝」が考案したオリジナルカクテルがこの度、全世界のハードロックカフェで販売されます。

出典:世界のNo.1日本人バーテンダーが考案 ホリデーカクテルを世界で販売

なんと世界一のカクテルに選ばれたのは日本人の作ったカクテルだそう。このカクテルが頼める期間は2015年11月3日(火)~1月3日(日)と残りわずか。行くしかない。

出典:http://hardrockjapan.com/event/3900/

ホリデーカクテルは上の5種類。左から①〜⑤で、 価格: ①②③⑤1,280円 ④1,080円※福岡店のみ①②③⑤1,080円/④880円(全て税別)

TOKYO 東京店 | Hard Rock Cafe Japan – ハードロックカフェ・ジャパン

http://hardrockjapan.com/location/tokyo/

ADDRESS東京都港区六本木5-4-20TELEPHONE03-3408-7018 (RESTAURANT) 03-3403-6946 (SHOP)RESTAURANT日曜~木曜・祝日 11:30~02:00 (Last Order 01:00)金曜・土曜 11:30~04:00 (Last Order 03:00)MERCHANDISE日曜~木曜・祝日 11:00~23:00金曜・土曜 11:00~04:00

OSAKA 大阪店 | Hard Rock Cafe Japan – ハードロックカフェ・ジャパン

http://hardrockjapan.com/location/osaka/

ADDRESS大阪市中央区南本町3-6-14 イトゥビル1階TELEPHONE06-6120-5711 (RESTAURANT)06-6120-5713 (SHOP)HOURS月曜~木曜、土曜・日曜・祝日 11:30~23:00 (Last Order 22:00)金曜 11:30~24:00 (Last Order 23:00)

アイリッシュコーヒーの飲めるお店

出典:http://www.mylifenote.net/002/110218_1.html

アイリッシュコーヒーとは、アイルランド発祥のアルコール入りコーヒーのこと。コーヒーの暖かく香り高い味わいとアルコールの高揚感で二重の温かさを味わえるまさに冬のカフェにぴったりのメニュー。

喫茶 築地

出典:http://marimemo.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-9599.html

築地

京都の中心地、河原町に位置する歴史のある喫茶店。京都で初めてウインナーコーヒーを出した喫茶店だそう。『ソワレ』、『フランソワ喫茶店』と並ぶ京都三大アンティーク喫茶店の一つ。

出典:http://smartrip.jp/area/kyoto/757.html

名喫茶だけあって店内には大きな古時計や本棚などもありタイムスリップしたかのような感覚に陥る。

出典:http://kururi-kyoto.seesaa.net/article/29553310.html

こちらがその京都で一番のアイリッシュコーヒーである。コーヒーもウイスキーもほどよく濃く、身も心も暖かくなる一杯だ。

竹内かおる@kaorun5swingin

フォローする

京都に戻って用を済ませて休憩中。学生の頃よく行った喫茶店「築地」にて。因みに父も若い頃行ったらしい、歴史あるお店です。 https://t.co/qqgQSCxaGq

返信 リツイート お気に入り登録

2015.12.4 14:57

世代を超えて受け継がれる名店である

歴史も薫る 京都の老舗カフェ|グルメ探訪|観光ガイド|そうだ 京都、行こう。〜京都への旅行、観光スポットで京都遊び〜

http://souda-kyoto.jp/travel/eat/long_established_cafe.html

住所京都市中京区河原町通四条上ル一筋目東入ル電話075-221-1053営業時間11:00~23:00定休日無休アクセス阪急京都線「河原町駅」下車徒歩約5分

最後に…

いかがだったでしょうか。ここに紹介したカフェでなくてもオリジナルカクテルを出していたり、変わったビールやワインをこだわって取り揃えていたりするカフェも多いです。ランチや喫茶目的でよく行く身近なお店を、お酒を飲みに夜に訪れるなどしても良いかもしれません。きっと楽しい時間を過ごせると思いますよ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。