ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一歩踏み出す勇気が湧いてくる。「人生の岐路」に立つあなたに送るMr.Childrenの歌詞7選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1992年のメジャーデビュー以降、日本の音楽シーンの最前線を走り続けるモンスターバンドMr.children。

心揺さぶる歌詞、甘い歌声、キャッチーなメロディセンス、確かな演奏技術、どれをとっても超一級品です。Mr.childrenはきっとこれまでも多くの人を勇気づけ、これからも多くの人を魅了し続けることでしょう。

さて、今回は数多くのMr.childrenの楽曲の中から、旅に踏み出すための勇気をくれる歌詞をご紹介します。

 

高ければ高い壁のほうが登ったとき気持ちいいもんな

TABIPPO読者が選ぶ「旅うたランキング」で堂々の一位に選ばれた「終わりのなき旅」より選出。

広い広い世界に旅立つなんて、目の前に高い高い壁が立ちはだかるようなもの。でも、その高い壁を登り切ったときにしか見ることのできない景色は確かにあるのです。

 

人生をフルコースで深く味わうための幾つものスパイスが誰もに用意されていて

24枚目のシングル曲「HERO」より。NTTドコモのCM曲として起用され、話題をさらいました。クレイアニメーションのプロモーションビデオも有名。

旅なんてしなくても、冒険なんてしなくても、人は生きていけます。

でも、どうせ生きるなら強烈なスパイスがあったほうがおもしろい。あなたの人生というフルコースに旅という強烈なスパイスをかけちゃいましょう。

 

暗闇で振り回す両手もやがて上昇気流を産むんだ


Mr.Children one two three 投稿者 ratimeria

10枚目のアルバム「ITS A WONDERFUL WORLD」に収録されている、one two threeより。曲中にアントニオ猪木氏による語りが取り入れられている異色の名曲です。

これからどうしていいのかわからない。そんなときはジタバタしましょう。きっとそのジタバタが上昇気流を生み、あなたをもう一歩先の世界へ誘ってくれるはずです。

 

自分を信じたならほら未来が動き出す、ヒッチハイクをしてる僕を迎えに行こう

27枚目のシングル「四次元 four dimensions」に収録されている「未来」より。ポカリスウェットのCMに起用され、CMに主演した綾瀬はるかとともに人気が爆発しました。

自信を持ったまさに瞬間に冒険が始まるのではないでしょうか?未来の素敵な自分に出会うために、さぁ自分を信じて、勇気を持って、第一歩を!!

 

心さえ乾いていなければどんな景色も宝石にかわる/

5枚目のアルバム「SUPERMARKET FANTASY」に収録されている「エソラ」より。アルバム全体を代表する一曲。アルバム曲であるにもかかわらずプロモーションビデオが制作されました。

心が潤っていたら、どんなところでも美しい宝石が見つけられるもの。たとえ、そこがインドのゴミだらけの路地裏でも、中国のスモッグがかかった淀んだ空でも。

 

また少しスピードをあげてもう一つ先の未来へ


Mr.Children/ロードムービー 投稿者 Nao_Masa

9枚目のアルバム「Q」に収録されている「ロードムービー」より。速すぎず遅すぎないメロディと日常的な歌詞が耳にここちよい、ファンの間では高い人気をほこる名曲です。

どうせ一歩先の未来に踏み出すのなら、少しスピードを上げてみませんか?きっと少しスピードを上げれば、楽しい未来にいち早く近づくことができるでしょう。

 

待ってろブルーバード。今、捕まえに行くぜ。/天頂バス

11枚目のアルバム「シフクノオト」に収録。

タイトルの「天頂」には、店長や転調などの意味も隠されており、イントロには「へい、らっしゃい」という店長としてのセリフがある。

幸せの青い鳥ってどこにいるんでしょうか?それは、わからないけれど、幸せの青い鳥が近くに来てくれるまで待つの?いやいや、当然自分から動き出して幸せをつかみに行きますよ!!

 

まとめ

Mr.children。改めて考えると、Mr.という大人の部分とchildrenという子供の部分をあわせもった不思議な名前です。

きっとだれにでも大人な部分と子供な部分はあって、冒険や旅にロマンを感じる子供のような心は多くのひとが持っていることでしょう。

今回紹介した曲はMr.childrenの数多くの楽曲の中でも、その子供心をくすぐるものばかりとなっています。

一曲のひとつの歌詞を真に受けて、旅にでるなんてロマンチックで素敵ですよね。たまには、子供ごころを思いっきり開放させちゃってもいいんではないでしょうか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP