ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉川晃司、歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズ史上初のテーマソングを書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

吉川晃司の新曲が30周年を迎えた歴史シミュレーションゲーム「三國志」(コーエーテクモ)シリーズ史上初のテーマソングに決定した。

吉川晃司は1984年のデビュー以来、シンガーとして俳優として圧倒的な存在感を放ち、稀代のエンターテイナーとして時代を席巻してきた。昨年、デビュー30周年イヤーを迎え、日本武道館を含む全国ツアーを行うなど、アーティストとしても精力的に活動を行っている。また、50歳というメモリアルイヤーを迎え、現在はTBS日曜劇場「下町ロケット」にも出演し、番組の高視聴率とともに更なる注目を集めている。

そんな彼が待望の新曲は、今年で30周年を迎えた歴史シミュレーションゲーム「三國志」シリーズの最新作『三國志13』のテーマソング「Dance To The Future」。古代中国の歴史に深い関心を寄せ、英雄たちの生き方を人生の指南役としてきたという吉川が、「三国志」への想いを込めて書き下ろし、ドラマ撮影の合間を縫ってレコーディングされた。「三國志」シリーズ史上初のテーマソングという、「三國志13」×「吉川晃司」の最強コラボが実現した。

「Dance To The Future」はゲーム『三國志13』の発売日と同じ、2016年1月28日(木)より、レコチョク、iTunes Store等で配信がスタートする。また、配信用シングルのジャケットには、『三國志13』開発チームが総力を挙げて特別に描き下ろした、オリジナル武将「吉川晃司」も登場する。

2016年の吉川晃司は、第1弾シングル「Dance To The Future」から幕を開け、6月からは全国ツアーもスタートする。ますます充実し目が離せない吉川晃司の活動に是非ご注目いただきたい。

【吉川晃司 本人コメント】
「現代だって乱世じゃないか。生き抜くための術をシミュレーションして一歩前に出ろ!」

■『三國志13』公式サイト
https://www.gamecity.ne.jp/sangokushi13/

「Dance To The Future」MV
https://www.youtube.com/watch?v=tBtmYv0AiA0

配信シングル「Dance To The Future」
2016年1月28日(木)配信開始
作詞:吉川晃司/jam 作曲:吉川晃司
※各音楽ダウンロード配信サイトにて一斉配信
※配信限定シングル

『KIKKAWA KOJI Live 2016』
6月11日(土) 厚木市文化会館 大ホール
6月12日(日) 大宮ソニックシティ 大ホール
6月18日(土) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
6月26日(日) 静岡市民文化会館 中ホール
7月02日(土) 千葉県文化会館 大ホール
7月03日(日) 横須賀芸術劇場
7月09日(土) 福岡市民会館 大ホール
7月16日(土) 仙台市民会館 大ホール
7月18日(月・祝) 長野・ホクト文化ホール 中ホール
7月23日(土) 広島・上野学園ホール
7月31日(日)愛知県芸術劇場 大ホール
8月11日(木・祝) 金沢市文化ホール
8月13日(土) 大阪・フェスティバルホール

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP