ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BONNIE PINK、「テイルズ オブ」シリーズのオーケストラコンサートにサプライズ出演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月9日、人気RPGゲーム「テイルズ オブ」シリーズのオーケストラコンサートが東京国際フォーラム・ホールAにて行われ、サプライズゲストボーカルとしてBONNIE PINKが出演した。

本公演は全席SOLD OUT。満員のオーディエンスが待ち構える中、「スレイのテーマ〜導師〜」からコンサートはスタート。演奏中は、オーケストラの映像だけでなく、「テイルズ オブ」シリーズの映像がスクリーンに映し出され、オーケストラによる迫力ある演奏を聴きながら、映像も鑑賞できるといった何とも贅沢な空間だ。

休憩をはさみ、2部が始まるとステージ左側にピンク色の照明が。そこから登場したのはサプライズ ゲスト ボーカルのBONNIE PINK。突然のゲストに驚きを隠せないオーディエンスをよそに「テイルズ オブ ヴェスペリア」のテーマソングだった名曲「鐘を鳴らして」を東京フィルハーモニー交響楽団の演奏をバックに堂々と熱唱。オーケストラによる演奏、「テイルズ オブ」シリーズの映像、そしてBONNIE PINKの歌声による、あまりにも壮大な世界に、5,000人のオーディエンスが酔いしれた。

本コンサートは「テイルズ オブ」シリーズ生誕20周年を記念して開催されたコンサートだが、BONNIE PINK自身も今年デビュー20周年ということで、自身と重なる部分も多く、「歌う前から涙しそうになるくらい、こんなにドラマティックな演出で本当に感動しました。これからも「テイルズ オブ」シリーズはずっと続いていくと信じてますし、この「鐘を鳴らして」という私にとっても大切な楽曲を時々思い出して頂けたら嬉しいです」と話した。

(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
その他、浜崎あゆみの「progress」(「テイルズ オブ エクシリア」テーマソング)、Superflyの「White Light」(「テイルズ オブ ゼスティリア」テーマソング)、BUMP OF CHICKEN「カルマ」のアレンジ曲である「mirrors」「meaning of birth」(「テイルズ オブ ジ アビス」)やDEENの「夢であるように」(「テイルズ オブ デスティニー」テーマソング)などオーディエンスにとっても身近な名曲がオーケストラによって豪華にアレンジされ、まさにここでしか聴けない贅沢なコンサートに涙する人も。最後にはスタンディングオベーション、同じ空間にいる全ての人が大きな感動に包まれ、このコンサートは幕をとじた。

なお、本コンサートの演奏を収録し、厳選収録し1枚のCDに収めたCDが3月9日に発売することも決定した。

リリース情報

「20th Anniversary テイルズ オブ オーケストラコンサート アルバム」
アーティスト:東京フィルハーモニー交響楽団
発売日:2016年3月9日
価格:3,000円(+税)
品番:WPCL-12310
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
収録曲:「20th Anniversary テイルズ オブ オーケストラコンサート」での演奏曲から厳選しCD1枚に収録。
<収録予定曲>
・夢は終わらない 〜こぼれ落ちる時の雫〜(「テイルズ オブ ファンタジア」テーマソング)
・スレイのテーマ〜導師〜(テイルズ オブ ゼスティリア)
・蛍火(テイルズ オブ レジェンディア)他多数。
※収録内容は変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
※ジャケットはイメージです。実際とは異なります。

© いのまたむつみ © 藤島康介 © BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

関連リンク

BONNIE PINK オフィシャルサイトhttp://www.bonniepink.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP