体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

せっかく建てた家を小さくする? 「減築リフォーム」とは

せっかく建てた家を小さくする? 「減築リフォーム」とは

もともとの家をダウンサイジングする「減築」というリフォーム方法をご存じだろうか。10月末に表彰式が行われた「第32回 住まいのリフォームコンクール」でも、今年は減築の事例が何件か見られた。せっかくつくった部屋をなくしたり、家自体を小さくしたり、一見もったいなく感じるこの方法にはどんなメリットがあるのだろう? そこで、リフォームコンクールで国土交通大臣賞を受賞した福岡県の減築の事例を取材してきた。
ライフスタイルを見直し、部屋を「減らす」という選択

福岡県福岡市のとある一戸建て住宅。ここは、減築によって2階部分をなくし、家屋全体の耐震性もプラスしたリフォーム住宅だ。子どもが独立した夫婦とその母親の3人暮らし。「これからお母様の介護や施主様も年齢を重ねていかれることとリフォーム費用を抑えたいというご要望から、2階部分をなくした減築のプランをご提案しました」。そう話すのは住友不動産株式会社新築そっくりさん戸建事業部の小野勝広さんだ。

施工するまでに、全部壊して新築にする、家の形を変えずにリフォームするといったさまざまな計画が立てられたが、予算の都合や今後のライフスタイルを考えると、2階をなくす減築が一番しっくりきた。

【画像1】リフォーム前は、2階建てだが天井裏を含め3階建てほどにもなる大きな家。築35年でリフォームは今回が初めて。2005年の福岡県西方沖地震の影響で屋根が傾き、台風のときは家全体が大きく揺れ、老朽によって雨漏りもするという満身創痍の状態だった(画像提供:住友不動産株式会社)

【画像1】リフォーム前は、2階建てだが天井裏を含め3階建てほどにもなる大きな家。築35年でリフォームは今回が初めて。2005年の福岡県西方沖地震の影響で屋根が傾き、台風のときは家全体が大きく揺れ、老朽によって雨漏りもするという満身創痍の状態だった(画像提供:住友不動産株式会社)

【画像2】リフォーム後は2階部分をまるっと減築。左側の上部はロフトをつくり、収納場所として活用している(画像提供:住友不動産株式会社)

【画像2】リフォーム後は2階部分をまるっと減築。左側の上部はロフトをつくり、収納場所として活用している(画像提供:住友不動産株式会社)

【図1】リフォーム前の玄関ホールやリビング・ダイニングはとても広く、リフォーム後はこれらの空間を少しずつ狭めて洋室にスペースをプラス(画像提供:住友不動産株式会社)

【図1】リフォーム前の玄関ホールやリビング・ダイニングはとても広く、リフォーム後はこれらの空間を少しずつ狭めて洋室にスペースをプラス(画像提供:住友不動産株式会社)荷物置き場がなくなる心配も、ロフトをつくって解決

しっくりきたといっても、せっかくつくった2階をなくすことや、間取りが減ることへの抵抗はなかったのだろうか。

「2階のバルコニーから星を眺める時間や長年使っていた寝室をなくす生活は、なかなか想像できませんでした。それに、荷物もたくさんあったから置き場がなくなる不安もありましたね」と取材時に対応してくれた施主の妻は振り返る。「でも、ロフトをつくって天窓もつけてもらったから、天体観察も収納場所もバッチリ。この機会に断捨離もして、処分した荷物は4トントラック2台分にもなりましたよ」

小野さんによると、減築を提案しても、部屋が減って荷物を置く場所がなくなることを心配する人が多いという。しかし、荷物を置くだけのために普段使わない部屋を残すことは、客観的に見ると、それこそ「もったいない」。ならば、使わない部屋は潔く減らし、収納専用のスペースを設ける。適材適所で有効に活用することにより、掃除や家屋全体のメンテナンスの手間や費用も抑えることができるのだ。

【画像3】天井に取り付けられたフックを外すとロフトへ続くハシゴが登場(写真撮影:岸本みなこ)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。