体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

規制を超えて進むドローンの本格活用。西脇資哲氏はドローンにどんな夢を見るのか──

ドローンを自分で試して、ビジネス可能性を探る

今回、多摩川河川敷で飛ばしたドローンは、中国DJI社の「Phontom3」だ。

ドローンを飛ばしているのは、CodeIQでもモデルを務めてくれているゆかちぃこと、河村友歌さん。

生まれて初めてプロポ(リモコン)を触るが、「かわいい!」「面白ーい」と言いながら、結構巧みに操作する。

ドローンを川縁の平坦な場所に接地させてから、軽く上昇。ドローンはまるで忠実なロボットのように、頭の上でホバリングしながら、その指示を待っている。

レバーを前に倒すと、ぎゅーんと川面すれすれを加速して、あっと言う間に点になる。青空に白い筐体がきらきら映える。

急上昇したドローンを、餌をついばみにきた野鳥の群が、「縄張りを荒らす外敵発見!」とばかりに執拗にを追いかけてくる。

「気持ちいい!」──歓声が挙がる。

実はこんなふうに素人が自由にドローンを飛ばせるのは、2015年の12月9日まで。10日の改正航空法施行で、東京23区や地方の主要都市など人口集中地区での飛行が原則的に禁止されたのだ。この写真は直前の12月1日に撮影したものなので、なんとか滑り込みセーフというわけである。

このドローンの持ち主は、西脇資哲氏。日本マイクロソフトの業務執行役員でエバンジェリスト。前職の日本オラクル時代から、プロダクトマーケティングのプロとして知られる。

最近では、ドローンを日本に普及させ、ドローンのビジネス基盤を構築するため、全国を東奔西走するドローン・エバンジェリストとして有名だ。

自前で購入したドローンは、2015年までに19台。一番高いのは75万円もしたそう。これが2016年には「40機ぐらいにはなるんじゃないか」と予想する。産業界のドローン活用への関心が高まるにつれ、その一歩先を行く西脇氏のドローン熱も当分収まりそうにないのだ。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。