ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

国内MVNO市場規模、2015年度末には4,000万回線へ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

国内MVNO市場規模、2015年度末には4,000万回線へ12月8日、MM総研は国内MVNO市場の2015年9月末実績が3,642万回線に達し、昨年の同時期と比較し88.9%増加したことを発表しました。
内訳を見ると携帯電話(3G/LTE)が1,065万回線、BWA(WiMAXおよびAXGP)が2,567万回線、PHSは10万回線という結果になっています。

携帯電話カテゴリについて着目してみると、「格安SIM」という名称で一般的な認知の広がったMVNO各社のSIMサービスの契約回線数が引き続き大きく伸長したとのこと。NTTコミュニケーションズ、IIJ、ビッグローブが市場の牽引役としての役割を果たし、それを追いかける形でU-NEXTや楽天モバイル、ケイ・オプティコムがシェアを伸ばしていることが明らかとなったとか。

国内MVNO市場規模、2015年度末には4,000万回線へ

さらにMVNOのSIMサービスについて、キャリア契約を含めた市場全体での構成比は11.1%と以前と低いものの、2014年9月末で230.5万回線だったのに対し、2015年9月末では405.8万回線と昨年比で76.1%増加。この背景には「SIMフリー端末の増加」と「販売チャネルの拡大」という2つの要素が貢献したとしています。

「SIMフリー端末の増加」については、海外メーカーの1万円前後から2万円程度のローエンドモデルが主流でした。しかし今年に入りキャリア端末でお馴染みのシャープや富士通、ソニー、京セラといった国内大手メーカーから性能が良く、キャリアで買うよりも比較的安価なミドルレンジモデルが販売されました。また、ASUSやHuaweiといった海外メーカー製のミドルレンジモデルもヒット。「販売チャネルの拡大」では、ビックカメラやヨドバシカメラに専用のカウンターを店頭に設置し、さらに即日MNPに対応したうえでSIMフリー端末とSIMカードがセットになった「格安スマホセット」のラインナップが充実したことが需要喚起に繋がったと考察しています。

詳細については2016年1月末刊行の「M&Dレポート16年2月号」にて全文掲載予定とのことです。

 

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。