体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MISIA、2016年の幕開けとともに12thアルバム「LOVE BEBOP」をリリース

エンタメ
MISIA、2016年の幕開けとともに12thアルバム「LOVE BEBOP」をリリース

MISIAの12枚目となるオリジナルアルバム「LOVE BEBOP」が、2016年1月6日に発売されることが決定した。

約2年ぶりとなる今作は、このアルバムのために新たに書き下ろされた新曲4曲のほか、2015年に様々なシーンで話題となった豪華タイアップ楽曲含む全13曲が収録された1枚(初回生産限定盤のみ全14曲)。

「いつだって 愛が全て 変えていけばいい」というテーマで制作された今作は、様々な”愛“の形を表現した作品で、ほぼすべての楽曲をMISIA自身の作詞のもと制作されており、愛の強さ、そして優しさや、儚さを表現した作品になっている。

制作期間は、前作「NEW MORNING」(2014年2月)発売のタイミングからスタートし、2年以上の月日をかけて作られた。

レコーディングは、ロンドンにあるAbbey Road Studioや、ダラス、そしてアトランタなどにて行われ、数々の世界一流プレーヤーが参加しており、タイトル曲である新曲の「LOVE BEBOP」は、2年にわたる制作期間の中で最後に完成した懇親の一曲となる。

ジャケット写真には、まさに女神を想像させるような、黄金に輝く冠をつけたMISIAが登場。

アートワークを手掛けたデザイナーの信藤三雄氏は「派手で、シックで、ゴージャスで、新年に相応しく、幸せがやって来そうで、しかも今までに無かったフレッシュなMISIAのアルバムジャケットを目指しました」とコメント。

満を持したアルバムの発売に、MISIAは「いつだって愛が全て変えていけばいい。そんな想いを込めてこのアルバムを作りました。2016年が愛に溢れLOVE BEBOPできる素晴らしい1年になりますように。」とコメントを残している。

タイトル曲となる新曲「LOVE BEBOP」は、MISIAのルーツであるソウルミュージックを思わせるアップビートなダンスチューン。

歌詞には“肩書きなんて関係ない”“誰のために世界はあるの?”などという現社会への問いかけとともに、今回のアルバムのテーマとなった「いつだって 愛が全て 変えていけばいい」という言葉で楽曲を締めくくっており、BEBOP=フリースタイルという単語の通り、それまでの概念を打ち破り、新しいものをつくりあげる、という意味を込めて作られたこの楽曲は、何かを判断する時や、願いを叶えるためには、どんな時にも“愛”を持ち、形にとらわれず“愛で全てを変えていけばいい”というMISIAならではのBEBOPなメッセージが込められている。

またその他に、新曲「Oh Lovely Day」ではMISIAの王道の名曲「Everything」の作曲家である松本俊明氏との最強タッグで、愛する人に出逢えた喜びやトキメキを表現し、「FREEDOM」では、「逢いたくていま」や「BELIEVE」の作曲を手掛けた作曲家の佐々木潤氏と制作され、未来への強いメッセージをEDMサウンドにのせて歌いあげている。

本日よりオフィシャルYoutubeでは全曲視聴トレーラーが公開、一足先にアルバムの全貌を聴くことができる。

過去には、テレビ朝日「お願いランキング」にて、「聴くと恋愛運UPするアーティストランキング」で1位に挙げられたこともあるMISIA。

これまで実際に、堺雅人・菅野美穂夫妻が共演した映画「大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]」の主題歌を担当するほか、向井理・吹石一恵が出演するドラマ「S-最後の警官-」や映画「S-最後の警官-奪還RECOVERY OF OUR FUTURE」の主題歌を担当するなど、“愛をつなぐ女神”として芸能界でもそのジンクスがあとを絶たない中、2016年の幕開けと同時に発表される新アルバム「LOVE BEBOP」。初回生産限定盤には、恋愛成就と書かれた絵馬をモチーフしたステッカーが貼付されている。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会