ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48がシングル総売上日本一に、歴代最高3615.8万枚

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AKB48のシングル作品総売上枚数が、1968年より発表開始のオリコンランキング史上、アーティスト歴代最高となる3615.8万枚を記録した。最新シングル「唇にBe My Baby」(You,Be Cool!/KING RECORDS・12月9日発売)が、店着初日にあたる8日に81.3万枚を売り上げており、これまで同記録の歴代1位だったB’zの同・総売上3580.9万枚を超えての快挙達成となった。

AKB48の現時点における「週間シングル1位獲得作品数」は、「RIVER」(2009年10月発売)から前作「ハロウィンナイト」(今年8月発売)まで28作連続(⼥性アーティスト歴代1位)、通算28作(⼥性グループ歴代1位)。

「ミリオン達成作品数」は、通算23作でアーティスト歴代1位(歴代2位=B’z:通算15作)、「同・連続達成作品数」も「桜の木になろう」(2011年2月発売)から22作連続でアーティスト歴代1位(歴代2位=B’z:13作連続)の座を獲得。「発売初週でのミリオン達成作品数」も、「Everyday、カチューシャ」(2011年5月発売)から21作連続、通算21作となっており、同記録でもアーティスト歴代1位を独走している。

ミリオン達成作品を輩出し続けるAKB48のシングルで、最高売上枚数を記録している作品は「さよならクロール」(2013年5月発売)で累積売上195.6万枚。これに「真夏のSounds good!」(2012年5月発売)が同182.2万枚、「ラブラドール・レトリバー」(2014年5月発売)が同178.7万枚で続いている。

2005年12月8日の結成から10周年を迎えた記念すべき日に、⻑きにわたりグループ総監督を務めてきた高橋みなみの“卒業シングル”で日本音楽史上に残る快挙を達成したAKB48。さらに総合プロデューサー・秋元康氏も同日にオリコンランキングにおける「作詞シングル総売上1億枚突破」という前人未踏の⾦字塔を打ち⽴てており、“教え⼦”たちの偉業に華を添えた。

※AKB48のシングル作品は、通算42作目として発売された今作「唇に 〜」に、インディーズおよび配信限定の各作品を含めると全44作。総売上枚数は配信限定作
品をのぞいた全作品の売上を集計。

“シングル総売上日本一”AKB48の初代総監督・高橋みなみから届いた喜びのコメント
AKB48 42ndシングル、そして私、高橋みなみのラストセンターのシングル「唇にBe My Baby」をもって
AKB48が「アーティスト別シングル・トータルセールス歴代1位」の座を獲得したと伺いました。
本当にありがとうございます。
10年間、AKB48として活動を⾏ってきましたが、10周年のまさにそのタイミングでこのような偉業を達成できたということは、
本当にファンの皆様のおかげです。10年間の応援ありがとうございます。
これからもAKB48のさらなる応援をよろしくお願い致します。
そして、秋元先生、「作詞家別シングル・トータルセールス 前人未到の1億枚突破」本当におめでとうございます。
AKB48 高橋みなみ

アーティスト別シングル・トータルセールス歴代TOP5

順位 総売上(万枚) アーティスト 最多売上シングル作品/累積売上枚数 1 3615.8 AKB48 さよならクロール/195.6万枚 2 3580.9 B’z 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない/202.1万枚 3 2862.8 Mr.Children Tomorrow never knows/276.6万枚 4 2535.2 サザンオールスターズ TSUNAMI/293.6万枚 5 2395.5 SMAP 世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)/258.2万枚

※2015年12月14日付までのウィークリーランキング合計に2015年12月7・8日付デイリーランキングを加算して集計

AKB48 シングル作品 売上TOP5

順位 累積売上(万枚) タイトル 発売日 1 195.6 さよならクロール 2013年5月22日 2 182.2 真夏のSounds good! 2012年5月23日 3 178.7 ラブラドール・レトリバー 2014年5月21日 4 178.3 僕たちは戦わない 2015年5月20日 5 162.6 フライングゲット 2011年8月24日

※2015年12月14日付までのウィークリーランキング合計に2015年12月7・8日付デイリーランキングを加算して集計

関連リンク

■AKB48 公式サイトhttp://www.akb48.co.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。