体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

未来を紡ぐファッション。「エシカルファッション」って?

記事の画像1 単なるおしゃれはもう古い。その洋服、どうやって出来たか知っていますか?巷に溢れるファッションの影にあるのは、劣悪な労働環境で働く人々や環境破壊の存在。そんなファッションの影の「あたりまえ」を覆す、次世代の「あたりまえ」ファッションとは。

可愛い洋服やアクセサリーの背後にある現実

綿栽培のために耕されている農地は世界の2.5%ですが、使用されている殺虫剤は世界の25%、除草剤は10%にあたります。それに加えて綿栽培に関わる人たちや健康も懸念されています。さらに綿を服に仕立て上げる各工程で、多くの化学物質が使われます。シリコン製ワックス、石油製の研磨剤、柔軟剤、重金属、抑制剤、アンモニアなど挙げたらきりがありません。その全てが大気に、土に、土壌に悪影響を与えかねないのです。ほかにも最近使われるようになったエラスタンやライクラといった弾力性のある素材は公害をもたらす可能性があったり、ナイロンも完全に自然に還るまでには30〜40年かかると言われていたり、洗濯や乾燥の段階で大量のCO2を排出していたりと、ファッションにまつわる環境・社会被害は予想をはるかに超えているのが現状です。

出典: ファッションの環境・社会負荷 | 服としあわせのシェア xChange

ファッションが生産されている現場では、農薬による環境破壊や健康被害をはじめ、劣悪な労働環境や低すぎる賃金が問題になっています。このような犠牲があるからこそ、低価格でおしゃれなファッションが日本で手に入るのです。犠牲の上に成り立つファッション、あなたはどう感じますか?

大きな問題のひとつは環境への負荷だ。ファストファッションは低価格ゆえに、買っては捨て、を繰り返すことに消費者の抵抗は小さい。企業側も、消費欲を刺激するために短いサイクルで新商品を展開する。その結果、クローゼットの中は不要な服で溢れる。 それらがリサイクルされ、貧しい人々に届けられるというのは幻想に過ぎないという。 ファストファッションに多いプラスチックを含む混紡はリサイクル不可能だし、もはや貧困層も低品質で流行遅れの服を手に取りたがらないからだ。そのため、実際には埋め立て廃棄処分になるものが多い。そもそも膨大な生産自体が環境に大きな負荷をかける。  

出典:格安ファストファッションの裏側を取材し問題点を考察した本│NEWSポストセブン

労働者の生活・労働環境だけでなく、消費者の姿勢も問われています。とはいっても、多くの消費者には服が生産されている背景について知る機会がありません。一人でも多くの、現実知っている人々が声を上げる必要があるのが現状です。

未来を守る「エシカル」なファッション

そんな過酷なファッション産業に一石を投じるのが、「エシカルファッション」です。倫理的に叶った方法で生産されるエシカルファッションとは、どのようなものなのでしょう。日本でエシカルファッションを牽引しているEFJさんによる、エシカルファッションの定義を紹介します。

1. FAIR LABOR 「FAIR LABOR」とは労働者の人権に関わるものを指し、大きく3つに分類されます。①FAIR TRADE・厳格な基準をクリアし、FAIR TRADEの認証を受けているもの②SUSTAINABLE TRADE・認証を受けていないが、独自の工房などを運営しているなどで公正な取引・労働者への保証を行っているもの・そのほか労働に関わる基準を順守し、労働者の権利を守っている取り組み②SUSTAINABLE LABOR・スタッフの働きやすさを重視して柔軟な労働条件を整え、労働者のQOL(生活の質)向上を目指す取り組み(ワーク・ライフバランス)

1 2 3 4次のページ
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会