ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼女に「特別感」を感じさせるための10の秘訣

DATE:
  • ガジェット通信を≫

その紳士的な言動で、多くの女性から支持を得ている人気ブロガーJames Michael Sama氏。今回は、世の男性に「正しい彼女の愛し方」を説いています。

これらの10の方法で、女性は自分が彼にとっての“特別な存在”であると確信できるのだとか。男性のみなさん、愛する彼女のためなら実践できます…よね?

01.
“自分が一番美しい”と
常に思わせてあげる

ただ、キレイだと伝えればいいというわけではない。そんなことは誰にだってできる。僕が意味するのは、これまで出会った女性の中で一番美しいと思っていることを、心底彼女に感じさせてあげること。

一見すると自信がありそうに見える女性でも、実際はそうでもないことがほとんど。どんな時でも、あなたが彼女に自信を与える必要がある。たとえ彼女が蜂に刺されて顔が膨れ上がったとしても、美しいと感じさせられるように振る舞うべき。

それを言葉以外で伝えられることが大事。視線や話し方、触れ方で伝えられるはずだ。

02.
信頼できる“相談役”になる

大切な女性に正直でいることによって、相手は自分のことを真剣に考えてくれていると感じるもの。言葉を慎重に選び、決して傷つけないように。さらに、どんな些細なことでも、あなたに相談すれば正直な意見が返ってくると思わせてあげることが重要。

03.
“唇以外”へのたっぷりのキス

決してイヤらしい意味ではない。最後に彼女のおでこや鼻、手にキスをしたのはいつだろうか?

ときに、この行動は唇へのキスよりも大きな愛情を彼女に伝えることなる。彼女のことが大切で、側にいたいという気持ちを。しかも、公衆の場で周りに不快感を与えずに愛情表現ができる。

04.
他の女性とは
絶対に比較しない

彼女に「他の女性と比べて自分が一番だ」という感情を持たせるべきではない。なぜなら、他に、もしくは過去に別の女性がいたことをほのめかすことになるから。大人であれば誰しも過去はあるものだが、それを持ち出すことには何のメリットもない。

彼女に「一番」ではなく、「オンリーワン」と感じさせるようにしよう。なぜなら、実際にそうなのだから。

05.
“些細な気遣い”で
愛情を表現

女性にとって、男性が見せる些細な気遣いは、強く印象に残るもの。そのことで「何かをしてあげたい!」という努力が伝わるから。

ドアを開けたり、椅子を引いたり、手をつないだり…、理由もなく後ろから急に抱きしめたり。こうした行動は言葉よりも深い愛情を表現できるはず。

06.
黙って話に耳を傾ける

ときには、何も言わずに黙って彼女の話を真剣に聞いてあげよう。そうすることで、言葉で伝える以上に、彼女を満足させてあげられるだろう。

彼女が愚痴をこぼすのであれば、それは正直に感情を表現できるほどあなたを信頼している証拠。決してそれを裏切らないこと。

07.
一日の始まりと終わりは
彼女へメールを

たとえ毎日会えなくとも、目覚めた時と寝る前にメールを送るのだ。そうすれば、あなたが一日のはじめと終わりに、あなたを思い浮かべていることを伝えることができる。

08.
マッサージをして
癒してあげる

女性にとって彼氏にマッサージしてもらうことは、誕生日や記念日のような特別感を得られるもの。男性諸君、これはそれほど難しいことではないはずだ。彼女は絶対に喜んでくれるだろうし、そのお返しもしてくれるはずだ。

09.
たとえ賛同できずとも、
考え方を“近づける”

必ずしも彼女に賛同できるとは限らない。しかし、お互いに尊敬し合うことはとても重要なこと。彼女のために自分自身を犠牲にする必要はないが、少し考え方を変えることはできるはずだ。そうすれば、彼女から何かを学ぶことだってできるかもしれない。

10.
“些細な願望”を
叶えてあげる!

彼女が聞くと必ず泣く歌、半年に一回彼女がポテトフライを無性に食べたがること、彼女のお気に入りの香水など、細かいところにまで注目して、彼女にサプライズをしてあげよう。

どれだけあなたが忙しい日々を送っていて、仕事で大きなプレッシャーを抱えていたとしても、些細なことを記憶してあげることで、心の中に“彼女のスペース”があることを伝えられるのだ。

Licensed material used with permission by James M Sama.com

関連記事リンク(外部サイト)

辛い遠距離恋愛にサヨナラ!男性が結婚を決意するタイミングとは?
20代で、本気の恋愛をしてはいけない「10のワケ」
「理論派×感覚派」カップルが最高である6つの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP