ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コレが日本の技術!世界が賞賛した「九谷焼」の色付け(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫
i7164871 2015-12-09 15.43.39

石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言われる独特の色彩美は世界からも高く評価されています。

この動画は、能美市で135年以上の歴史を持つ「上出長右衛門窯」の職人の絵付け作業を映したもの。繊細な手仕事に、思わず息をするのも忘れてしまうほど。

“九谷は絵付けが命”
磁器に命が吹き込まれる

スクリーンショット 2015-12-08 12.49.09

1879年(明治12年)に創業した「上出長右衛門窯」は、素地つくりと上絵付けが分業される工場が増えているなかで、上出長右衛門窯では創業以来、土をこねて器をつくり、絵を施し、焼成するまでを一貫して行っています。

筆一本、
繊細で美しい絵柄

スクリーンショット 2015-12-08 14.46.13

上出長右衛門窯の意匠は、磁器の歴史の中で重要なスタイルを確立した中国明代の染付「祥瑞(しょんずい)」や、南京赤絵に大きな影響を受けたと言われています。ここからは、職人による繊細な“手しごと”をご覧頂きましょう。このえんじ色の釉薬(うわぐすり)が、最後焼きあがるとどんな色に変わると思いますか?

スクリーンショット 2015-12-08 12.46.54 スクリーンショット 2015-12-08 15.26.23 スクリーンショット 2015-12-08 14.47.58 スクリーンショット 2015-12-08 12.49.27

ラインから釉薬がはみ出さない熟練の技術にうっとり。

筆先に乗った釉薬の水滴を慎重に皿の上に落とし、それを筆で誘導しながら、隅までしっかりと絵付けをしていることが分かります。

スクリーンショット 2015-12-08 12.51.28

こうして、絵付けを施された皿を、1,300度の高温で焼いていきます。

10866044_764774620273154_6513163947653105686_o-e1422081437504

こちらが焼き上がりの皿。群青がくっきりと映えるきれいな色に仕上がります。

イマドキおしゃれな意匠
革新的な九谷焼も

jaimefuefuki

こうした伝統と格式の九谷焼だけでなく、上出長右衛門窯では、新たな試みにも積極的。たとえば、スペイン人デザイナーハイメ・アジョン氏デザインによるコラボ湯のみ「Jaime Hayon ☓ KUTANI CHOEMON」や、お馴染みのディズニーキャラクターをモチーフにした「Disney 日本生活」など、現代の生活空間にすっと溶け込みやすいデザインや絵付けで、九谷焼の世界観を広げています。詳しくはこちらから。

Licensed material used with permission by 上出長右衛門窯

関連記事リンク(外部サイト)

【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!
自宅で簡単に「グミでレゴ」を作る方法が話題殺到。子どもからも大人気!
美しすぎて、読書に全く集中できないプラハの図書館(画像あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。