ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

衆参同日選 2つの集票マシンフル稼働で自民300議席超えも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 永田町では来年7月の衆参同日選挙への機運が急速に高まっているが、過去2回行なわれた衆参同日選挙は、いずれも与党の自民党が大勝している。

 大福戦争と呼ばれた自民党内抗争で内閣不信任案が可決し、「ハプニング解散」といわれた1980年の同日選は、自民党は途中まで主流派と反主流派が分裂状態で選挙戦を進めたが、時の大平正芳・首相が選挙中に急死したことで両派が和解、一致団結して衆参ともに地滑り的勝利(衆院284議席、参院69議席)を収めた。

「死んだふり解散」と呼ばれた中曽根内閣の1986年同日選も衆院300議席、参院72議席という両院で過去最高議席を得た。政治評論家・有馬晴海氏がその理由を語る。

「同日選は選挙区毎に組織された衆院候補者の後援会組織と参院に代表を送っている農協、医師会、建設業界といった業界団体という自民党の2つの集票マシンがフル稼動するため、自民党に圧倒的に有利とされている」

 安倍晋三・首相が来年7月に同日選挙を打った場合、さらなるアドバンテージがある。衆院では自民党が300小選挙区のほとんどに現職議員がいるのに対し、最大野党の民主党は現時点で137人しか公認候補が決まっていない。半分以上が空白区なのだ。

 民主党本部は特命人事部を設置して『逸材公募、大補強2015』と銘打った候補者公募キャンペーンをしているが、党内では前原誠司・元代表や細野豪志・元幹事長が岡田克也・代表に「解党」を申し入れるなどゴタゴタが続いており、ある県の民主党県連幹部は、「知名度のある芸能人やスポーツ選手に声をかけても『党の幹部たちが解党だと騒いでいる民主党から出ても……』と断わられるケースが多い。候補者捜しどころか、松本剛明・元外相の離党や選挙で勝てないと判断した元職の出馬辞退が相次いでいる」と嘆く。

 まさに沈む船からネズミが逃げ出す状態。有権者にすれば、たとえ自民党以外の候補者に投票したくても選択肢がないわけで、これでは黙っていても「自民独り勝ち」は見えている。

 任期満了まであと1年を切った参院選も野党の状況はお寒い。日本共産党の志位和夫・委員長が「国民連合政府」構想による野党の選挙協力を呼びかけ、一時は「32県ある参院1人区で野党統一候補が立てば自民苦戦は免れない」という見方もあったが、フタをあけてみると、1人区のうちすでに9選挙区で民主、共産の候補者が競合し、市民団体などがめざす「野党統一候補」はまだ1人もいない。

 しかも、民主党は徳島・高知選挙区での公認が内定していた現職の広田一氏が辞退し、3人区の福岡でも公認内定していた県連代表で現職の大久保勉氏が出馬を断念しているのだ。
 
 他の野党も日本維新の党は分裂、旧みんなの党は空中分解しており、野党の選挙準備は大幅に遅れている。では7月同日選で安倍自民党はどのくらいの獲得議席が予測されるのか。
 
「自民党は前回総選挙(2014年)が291議席、前々回(2012年)は294議席でした。その過去2回より野党の選挙態勢は遅れている。そのうえ衆参同日選になって集票マシンがフル稼動すれば、自民党単独で300議席超えは十分可能です」(有馬氏)

 こうなれば、大阪府知事・大阪市長のW選挙で圧勝した(自民党との連携も見えている)おおさか維新が大阪中心に10数議席取れば、公明党抜きでも2党で衆院の3分の2が見えてくる。まさに勝利は自民党の目の前にぶら下がっている状況といえる。

※週刊ポスト2015年12月18日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SAPIO連載・業田良家4コマ漫画【1/2】「勝敗ライン」
次期総選挙 無党派票が自民党批判に動き野党の乱立も解消か
衆参同日選は来年7月10日か 1月4日国会召集で一気に真実味

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP