ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土屋太鳳と山崎賢人が届け先のない手紙を「漂流郵便局」へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女優・土屋太鳳(20才)と俳優・山崎賢人(21才)が12月7日、瀬戸内海に浮かぶ小さな島の「漂流郵便局」(香川県三豊市詫間町粟島)を訪問、特別配達員となって“届け先のない手紙”を届けた。
 
 これは12月12日より公開の映画『orange‐オレンジ』の宣伝キャンペーン「想いを届けるプロジェクト」として実施されたもの。
 
 映画『orange‐オレンジ』は累計400万部を誇るコミック『orange』(高野苺・著/双葉社)が原作。「高校2年の春。10年後の自分から、手紙が届いた。そこに書かれていたのは、大切な人の未来が無いということ」――という切ない青春純愛ストーリーだ。
 
 今回、映画のヒロインと相手役である土屋と山崎が訪ねた「漂流郵便局」とは、届け先がわからない手紙を預かる、不思議な郵便局だ。実は、現代美術家の久保田沙耶さん(27才)が旧・粟島郵便局の局舎を改装して2013年に企画制作した芸術作品である。

 亡き母へ、生まれてくる孫へ、昔、心かよわせたあの人へ…。届くことのない想いを綴った手紙が全国各地から毎日寄せられており、届いた手紙は局内の「漂流私書箱」に納められ、来局した人が自由に読むことができる仕組みになっている。

 その成り立ちと預けられた手紙を紹介した書籍『漂流郵便局』(久保田沙耶・著/小学館)が出版され、新聞、テレビ、ネットなどで話題を呼んでいる。

《いつかのどこかのだれか宛の手紙が いつかここにやってくるあなたに流れ着きますように。》(『漂流郵便局』P.21より)
 
 19年前に亡くなった息子に宛てた父親からの手紙は、100通を超えたという。この男性からの手紙を始めとした心をゆさぶる手紙を収録した先の書籍『漂流郵便局』は、大手書店チェーン・宮脇書店版ほんや大賞「みやぼん」にも選ばれている。
 
 この本を読み、“時空を超えて想いを託す”という作品コンセプトに共通点を感じた映画宣伝スタッフが土屋に伝えたところ彼女が熱望し、今回の訪問が実現した。

 土屋と山崎は一般から募集したはがき100通の「届けられない想い」を、漂流郵便局を守る中田勝久局長(81才)に直接手渡した。

 中田局長は実際に粟島郵便局の局長を17年間務めた人物。オリジナルの制服姿が板についている。

「10年先の自分へというお便りはありますが、10年前の自分に宛てた手紙は今までなかったと思います。でも時空を超えて想いを伝える発想は、映画と漂流郵便局に共通していますね」(中田局長)
 
 きらきらと光を反射するブリキ製の「漂流私書箱」に保管された、1万通もの手紙を目にしたふたり。
 
 土屋は、「実際に訪れて手紙を拝見し、届ける相手がいない手紙でもだれかが読むことで届いていると思うし、“心の命”を感じる場所でした。私の心にもたくさんの想いが届いてきたので、あの場所に手紙を託した人たちに『しっかり届いているよ』とお伝えしたくなりました」と語った。

 一方、「どうしようもない想いを置いておける貴重な場所になっているんだなと思いました」と山崎。
 
 大役を果たしたふたりは粟島の桟橋からフェリーに乗り込んだ。島の人たちは5色の紙テープでふたりとつながった。島伝統の温かい見送りスタイルに感激したふたりは、ちぎれた紙テープを大切に持ち帰ったという。
 
※漂流郵便局はアート作品であり、日本郵便(株)との関連はありません。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏目三久も号泣 瀬戸内海の小島にある不思議な「漂流郵便局」
2001年元旦 坂本九さん娘に父が1985年に書いた年賀状届いた
106歳の日本人教師から91歳の台湾人生徒に届いた奇跡の手紙

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。