ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

油は敵じゃない!美と健康を創る「オメガ3脂肪酸」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ダイエットの天敵にされがちな油。でも実は、人間の体を構成する細胞のひとつひとつは油でできているんです。だから、きちんと油を摂取しないとボロボロの体に。

美しい身体を創る、オメガ3脂肪酸とは

脂肪は体に悪い、と言われていた時代はもう終わり。脂肪には、体によい脂肪と体に悪い脂肪があるんです。なかでも、オメガ3脂肪酸と呼ばれる種類の脂肪酸には、体を健康にしてくれる効果がたくさん!!一方で、現代人は摂取不足になりがちな脂肪酸なんです。オメガ3脂肪酸の健康効果と、含まれる食材を知ってより健康な食生活を送りましょう♪

オメガ3脂肪酸の健康効果

オメガ3脂肪酸には、たくさんの健康効果があります。最近お肌がくすむな、むくみが出るな、頭が疲れているなと感じたら、オメガ3脂肪酸不足かもしれません。

コレステロールを下げる(LDLコレステロールを下げる)中性脂肪を下げる動脈硬化・心筋梗塞予防高血圧予防脂肪肝(肝臓の病気)予防脂質異常症(高脂血症)予防加齢黄斑変性予防ダイエットメタボリックシンドローム予防脳の活性化による記憶力のアップ認知症予防花粉症・アトピー性皮膚炎などアレルギー症状の緩和抗うつ作用・イライラを抑える美肌効果

出典:オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果

オメガ脂肪酸には、健康効果がこんなにたくさん。注1:LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールのことです。悪玉コレステロールが増えると、脂質異常症、動脈硬化、糖尿病、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群などの病気につながります注2:ダイエット効果は、良質な油を摂取することによる脂肪燃焼の促進によります。

良いことづくめのオメガ3脂肪酸。一体どんな食材に含まれているのでしょう。

オメガ3脂肪酸を含む食材

チアシード

近年流行りのスーパーフード、チアシードにはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。ぷちぷちとした独特の食感が人気で、コンビニのスムージーなどで手軽に食べられるほか、スーパーでも見かけるようになりました。でも、ややお値段が張る点や、チアシードは植物の種なので消化が悪く、体に吸収されにくいと考えられる点は気になるところ。また、せっかく体に良い成分を摂っても、スムージーに体に悪い添加物が含まれていては台無し!チアシード入りの加工食品を食べるときは、他の原材料にも注意してください。

青魚

鯖や秋刀魚などの青魚にはオメガ3脂肪酸がたくさん!日本人が青魚を食べていることの健康効果は、海外でも話題になっています。お刺身や煮魚、焼き魚などにして食べましょう。時間がないときは、魚の缶詰も◎。鯖缶なら、一缶に約4000mg以上もの驚く程たくさんのオメガ3脂肪酸が含まれています。この量は、サプリやチアシードなどの食品の追随を許さない圧倒的な量。積極的に、青魚を食べましょう。

サプリメント

オメガ3脂肪酸のサプリメントは、比較的安価で購入することができます。毎日青魚を食べるのは無理、、、チアシードは高いor苦手、、、という方でも、サプリメントなら手軽に摂取できますね✩

この他にも、亜麻仁油、くるみ、豆類、緑黄色野菜にもオメガ3脂肪酸が含まれています。

さいごに

日本人の昔ながらの食生活は、緑黄色野菜に大豆に青魚と、オメガ3脂肪酸を積極的に摂るものでした。それが近年、食生活の欧米化によってオメガ3脂肪酸の摂取量が減少してしまっています。忙しい現代だからこそ、食事の時間を上手に使って健康をキープしていきたいですね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP