ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

景色・歴史・味覚…。体全体で感じ取りたい!沼津観光の魅力と底力!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

伊豆へのアクセス拠点ながら、意外と通過しがちな沼津。伊豆半島の付け根、駿河湾の最奧に位置することなどから、実は歴史や文化に非常に富んだ魅力的なスポットです。ここだけでしか望めない景観を筆頭に、いろんな観光スポットを回ってみることで、今まで知らなかった沼津の魅力、地力が発見できること請け合いです!

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/544535475

古くからの宿場町であり、城下町であり、港町でもある沼津。歴史や文化の恩恵を感じながら、その地の利から、胃袋も大満足できる好立地です。ココロもカラダも満足できる旅を満喫するのに最適なポイントをご案内します!

1.まずは腹ごしらえ!なら、迷わずココヘ!沼津港飲食店街

出典:https://instagram.com/p/53cAnLiD8X/

到着したらまずは腹ごしらえ。という方も多いのではないでしょうか?同感です!ということで、最初は沼津港飲食店街。沼津駅からバスで10分ほどで着きます。今朝取れたばかりの新鮮な海の幸に舌鼓を打ってから、観光に繰り出すのがいいでしょう!

基本情報▼名称:沼津港飲食店街▼住所: 静岡県沼津市千本港町▼アクセス:沼津駅南口よりバスで10分程▼営業時間:各店舗により異なる▼公式サイトURL:http://numazuminato.com/

2.深さ日本一の駿河湾ならでは!沼津港深海水族館!

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000179641/photo/page_1/?screenId=OUW2204&spotId=guide000000179641&pageIdx=2

腹ごしらえを沼津港飲食店街で済ませたら、そこからすぐの沼津港深海水族館。決して大規模な水族館ではありませんが、名前が示す通り、深海の生物に特化した展示が魅力的です。実は駿河湾は、日本で一番深い湾なのだそうです。シーラカンスの展示は有名ですので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

基本情報▼名称:沼津港深海水族館▼住所:静岡県沼津市千本港町83番地▼アクセス:沼津港南口よりバスで10分程▼営業時間:通常営業時間 10:00〜18:00(8月は19:00まで)▼定休日:年中無休(保守点検のため臨時休業の場合あり)▼電話番号:055-954-0606(平日10:00~18:00)▼公式サイトURL:http://www.numazu-deepsea.com/

3.絶景を堪能!大瀬崎から海越しに富士山を望む!

出典:http://www.gettyimages.co.jp/detail/495833159

海で感動したら次は山です。世界遺産の富士山を海越しに望む絶景スポットが大瀬崎。海水浴やダイビングでも有名なスポットですが、眺望も素晴らしいです。太鼓判の絶景が(お天気に恵まれれば)望めます。岬の真ん中には神池という完全淡水の不思議な湖もあり、富士山だけじゃないベストな散策ポイントです。

基本情報▼名称:大瀬崎▼住所:静岡県沼津市西浦江梨▼アクセス:沼津駅南口よりバスで1時間半程

4.歴史に思いを馳せる。沼津御用邸記念公園

出典:https://instagram.com/p/6-adAIqn-1/

明治26年から昭和44年まで御用邸として使われた、沼津の旧御用邸。現在は公園として、館内も含めて一般公開されています。皇室の、質素ながらも質の高い暮らしぶりや、建築の粋、風光明媚な庭など、見所は満載です。

基本情報▼名称:沼津御用邸記念公園▼住所:静岡県沼津市下香貫島郷2802-1 ▼アクセス:沼津駅よりバスで15分程▼営業時間:9:30〜16:30▼定休日:年末年始▼電話番号:055-931-0005 ▼公式サイトURL:http://www.numazu-goyotei.com/

5.思いっきり散策しよう!あわしまマリンパーク!

出典:http://www.marinepark.jp/enjoy/aquarium.html

なんと島全体が一つのレジャーパークになっている、あわしまマリンパーク。水族館として捉えると小規模ではありますが、イルカやアシカ、アザラシやペンギンなど大型の海獣との触れ合いが楽しめたり、島一周の散策も楽しめます。もちろん離島なので、行き帰りにはちょっぴりクルーズ気分も味わえますよ。

基本情報▼名称:あわしまマリンパーク▼住所:静岡県沼津市内浦重寺186▼アクセス:沼津駅からバスで30分程▼営業時間:9:30〜17:00(最終入園15:30)▼定休日:年中無休▼電話番号:055-941-3126 ▼公式サイトURL:http://www.marinepark.jp/

6.沼津を一望!名前はチャーミングな「びゅうお」

出典:http://www.geocities.jp/mt_fuji_kazu/byuo.html

漁港で美味しいものを堪能した後でもいいのですが、改めて夕暮れ以降に訪れ直したいのが、沼津港の水門。その名も「びゅうお」。ライトアップした姿が壮大で、水門とわかっていても桁違いの大きさに度肝を抜かれます。この水門の上まで登ることができ、そこからは海と富士山と沼津の街が全て望めます。

基本情報▼名称:大型展望水門「びゅうお」▼住所:沼津市本字千本1905番地の27▼アクセス:沼津駅からバスで10分程▼営業時間:10時~20時(木曜日は14時まで)▼定休日:年中無休(ただしメンテナンスのための休館あり)▼電話番号:055-934-4746(沼津市産業振興部観光交流課)▼公式サイトURL:http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/sisetu/byuo/(沼津市観光WEB)

7.ガッツリハイキング!愛鷹山!

出典:https://instagram.com/p/5IbXtqh4r6/

ハイキングや山歩きがお好きな方なら迷わず愛鷹山へ。難易度は低いですが、ガッツリとハイキングできる行程で、登山初心者の方でも満足感を味わえるでしょう。また、頂上からの展望はいうまでもなく、富士山と駿河の海を独占です。アシタカツツヅジや紅葉など、季節に合わせた植物たちももちろん見所です!

基本情報▼名称:愛鷹山▼住所:静岡県沼津市▼アクセス:沼津駅よりバスで30分程

8.思いは太古へ…。松江古墳群と井田地区

出典:http://sgkohun.world.coocan.jp/archive/index.php/numadu_ida18/

沼津はまた、古墳が多いところでもあります。中でも井田地区にある松江古墳群は、集中して古墳が集まっているところと、周辺の環境が散策に向けて整備されていることから、1日のんびりと散策するのに向いています。出土品に興味がある方は、造船郷土資料博物館の方へ。

基本情報▼名称:井田松江古墳群▼住所: 静岡県沼津市井田▼アクセス:沼津I.Cより車で1時間程

9.歴史のお勉強にもってこい。造船郷土資料博物館

出典:http://www.hedaunsousen.com/kankou.html

幕末に日本で初めて西洋式帆船が作られたとされる沼津の戸田。その時のエピソードにまつわる展示や、地元の生活を伝える郷土資料館としての展示。また、松江古墳群の出土品や深海生物の標本など、多岐に渡った展示が見られる盛りだくさんな施設です。幕末の激動の歴史の一翼を担っていた様子を見て学べるのがオススメです。

基本情報▼名称:造船郷土資料博物館▼住所:沼津市戸田2710-1▼アクセス:修善寺駅よりバスで1時間ほど▼営業時間:9:00〜16:30▼定休日:水曜日・祝日の翌日・年末年始▼電話番号:0558-94-2384

10.海の生き物と触れ合っちゃおう!伊豆・三津シーパラダイス

出典:http://mizumono.com/aqua/nihon/toukai/002146.php

最後はやっぱり鉄板の、三津シーパラダイスです。ここの魅力はやっぱり各種のショーと、イルカたちにご飯をあげることができるイベントですね。最近では駿河湾に特化した展示などもあり、地元の海の生態系も学べるそうです。

基本情報▼名称:伊豆・三津シーパラダイス▼住所:静岡県沼津市内浦長浜3-1▼アクセス:沼津I.Cから車で30分程、または伊豆長岡駅より直通バス▼営業時間:9:00~17:00 (最終入館は16:00)▼定休日:無休▼電話番号:055-943-2331▼公式サイトURL:http://www.izuhakone.co.jp/seapara/index.html/

まとめ

いかがでしたか?海沿いなので、海に関するスポットが多くなりがちではありますが、それでも富士山を独り占めできる数々の眺望スポットや、ちょっとした登山スポットなどもふんだんなんです。そして美味しい海の幸も待っているとなったら、今度の週末は何は無くとも沼津へ行かなくちゃですね!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ギャザリー(Gathery)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP