体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

危機遺産になる前に行きたい!孤高の空中都市「マチュピチュ」の基本情報

マチュ・ピチュと言えば南米ペルーにあるインカ帝国の遺跡で、世界中から大人気の観光地ですよね。

そこで今回は、人生のうちに行ってみたい観光地としても常に上位に挙げられるマチュ・ピチュへ行くために必要な基本情報をすべてまとめましたのでご覧ください。

 

マチュ・ピチュとは…

20150919 2847

photo by peco

 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュは、標高2430メートルの位置にあるインカ帝国の遺跡です。遺跡の背景に位置する山は、ワイナ・ピチュと呼ばれ、山腹にある月の神殿は有名なポイントでもあります。

世界遺産になっているマチュ・ピチュ歴史保護区は、本当にインカ帝国の時代からあるものなのか?!と思う程の保存状態で、見る者全てを圧倒します。

「歴史や遺産に、そこまで興味が無いわ〜」という方も、その魅力に一気に引き込まれるような、そんな存在だと思います。

 

ワイナ・ピチュって何?

20150919 2827

photo by peco

上にも少し挙げましたが、ワイナ・ピチュとは、マチュ・ピチュ遺跡を上から一望出来ることで有名な、遺跡の北側にある山のことです。この写真ですと、右側後ろにある大きな山です。

 

ただし、この山に登れるのは1日に午前と午後各200人ずつと決まっている上、マチュ・ピチュの入場券とは別途での費用が必要です。

急な斜面を登ることになるので、覚悟と準備を備えた上で、事前に予約しておかなければなりません。

 

しかも、ワイナピチュ登山の予約は2ヶ月先までいっぱいなんてこともよくある話です。

世界中のツアー会社が押さえている場合もあるので、個人でマチュ・ピチュへ行こうとしている場合は、早めにそのスケジュールと予約状況を確認して、登山する場合は早めに予約しておきましょう。

予約状況はこちらから確認できます

 

ツアーと自力観光を独自に分析!

20150919 2832

photo by peco

旅のスタイルや予算に合わせることで、夢のようだったマチュ・ピチュ観光も一気に近づいてきます。今回は日本からのツアーと現地ツアーについて、それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

<日本からツアーを申し込む場合>

日本から観光で訪問する場合、旅行会社が組んでいるツアーに申し込む人がほとんどだと思います。

メリット

・全ての面倒な予約手続きをしなくて良い。
・言語面で心配することは無い。
・見所を全て押さえたプランなので下調べ無くても楽しめる。

デメリット

・金額が高い。移動費も込みで10日間で70~80万円程かかる。
・ツアーだとスケジュールが決まっているので団体行動が必要。
・やむを得ずキャンセルする場合もお金がかかる。

 

 <現地ツアーを申し込む場合>

マチュ・ピチュは世界一周をするバックパッカーの多くが訪問する地でもあります。私もその1人で、現地ツアーを利用しました。

メリット

・予算とスケジュールに合わせて好きなプランを組める。
・現地の価格で観光できる。
・各地からの旅人との出会いがある。

デメリット

・移動、宿、入場券全ての予約を自分でしなければいけない。
・全て自己責任なので安全性が低い。
・英語やスペイン語が必須である。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。