ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

POPでカワイイ妖怪たちが冬の浅草に大集合!年末年始の風物詩「大怪展」開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬の浅草は熱い!年末年始の浅草寺は参拝客や観光客で大賑わい!

そんな浅草寺の近くにあるのが、布文化と浮世絵の美術館&和のセレクトショップ&ライブスペースが一体となった複合型アートビル「アミューズミュージアム」。ここにPOPでカワイイ妖怪たちが大集合!年末年始の風物詩「大怪展」が今年も開催中です。

「大怪展」は今回で4回目。2014年夏の「妖怪展」に始まり、同年冬には「大怪展」へと進化。

2014年冬 「冬の浅草 大怪展」

2015年夏には、「大怪展DE渋谷」として東急ハンズ渋谷店に進出。妖怪アートフリマ「モノノケ市」とタッグを組んで、渋谷の街に新たな風を吹き込みました。

2015年夏 「大怪展DE渋谷」

回を重ねるごとに楽しさを増していく「大怪展」。たくさんの妖怪作家さんたちが、こだわりの妖怪アート作品を展示販売します。
愛らしい妖怪もいれば、ちょっぴり怖い妖怪もいます。天狗や河童、傘化け、一反木綿、泥田坊、松茸師匠……ユニークな妖怪たちがお客さんをお出迎え。お気に入りの妖怪と必ず出会えます。私も、「大怪展」でたくさんの妖怪たちと出会い、そのうちの何体かを家に連れ帰りました(笑)。
そして、「大怪展」といえば妖衆化(ヨースケ)!

「大怪展」オリジナル妖怪の妖衆化(ヨースケ)

2014年冬の「大怪展」で公募が行われ、その結果誕生したオリジナル妖怪です。そんな妖衆化の顔出しパネルもあります。

妖衆化の顔出しパネル

お客さんは会場で妖衆化になれます。妖衆化になったら、バシバシ写真を撮ってネットにアップしましょうね。もちろん、私も妖衆化になりますよ(笑)。

「大怪展四」展示風景

「大怪展」は、妖怪好きな方も、これまで妖怪に興味なかった方も、妖怪ってそんなに~的な方もみんなが楽しめます。
「妖怪って怖そう~><」
「妖怪ってよくわかんな~い」
「妖怪ってあれでしょ。◯ォッチのやつ!」
どんなお客さんもウェルカム!とにかく、POPに!かわいい!こんなのまで!そんな妖怪たちにぜひ会いに来てください!!

「大怪展四」開催概要

日時:2015年12月1日(火)~2016年1月3日(日)10時~18時
※毎週月曜日は休館日です
※最終日のみ16時終了となります
場所:浅草アミューズミュージアム 2階無料展示スペース
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目34番3号
入場料:無料
※入場の際は一階奥の受付にて無料の入場パスをもらって首からさげてご入場ください。
作品について:基本的にはご購入いただけます。会場でご確認ください。

音ノ怪 絵ノ怪(レセプションパーティー)

日時:2015年12月19日(土)18時~20時開催
入場料:¥500
※参加作家たくさんのレセプションパーティー。今回は音ノ怪 絵ノ怪としてライブパフォーマンスもがっつりです!
パフォーマンス:ブリガドーーーン(LIVE)/化け猫の玉乃丞(舞)/武書(書)/芸人怪奇倶楽部(クレオパトラ長谷川&パップコーン大桶)
※飛び入り参加可能ですが会場の都合により締め切る場合もありますので予定が決まっている方は下記フォームよりご予約ください。
公式ホームページ

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

可愛い妖怪たくさん!「東京モノノケ」ちょっとクセあるかわいいイラストがステキ
ワォ巨匠ぞろい!伊藤若冲、横山大観、河鍋暁斎などめでたい作品集合「ゆかいな若冲・めでたい大観」
まさに江戸時代のマンガ!浮世絵「化物忠臣蔵」がユーモアあり毒ありでオモシロ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP